昨日の稽古は。。

後ろ片手胸持ち(四方投げ、側面入り身投げ、正面入り身投げ)でした。
新手の技ですが既存の基本技の理合いがそのままに表現できないと成立しません。
これからまだまだ稽古が必要と実感しました。
 
「3月のライオン」12巻まで読みました。久しぶりの漫画で疲れた。特に吹き出し以外の字は細かすぎてすっ飛ばして斜め読み。漫画を見なくなったのは老眼が進んでからでした。眼鏡を作って普通に読書はしますがコマ割りが躍るような最近の漫画には疲れを覚えて遠ざかっていました。
 疲れはしましたが良くできた漫画でした。様々な人々が問題を抱えた日常のなかに若い将棋指しの苦悩や喜びが織り交ぜてあり主題がどれというわけでもない、まあ将棋なんだろうけど、あちらこちらへ視点が動き疲れる。映画を観ていて疲労感を覚えたのも忠実に原作を踏襲しようとしたせいかと納得しました。
 March comes in like a lion.が英語での表現かと知りようやく題名が腑に落ちました。春には獅子王戦という新人タイトルがあるという漫画の伏線でソゲかと納得。
 映画の後編は4月22日以降なのでまた観に行くのかな。3人で。
 それにしても4月も早一週間が過ぎ地球の自転と公転の速さを実感します。ぼんやりしていようがいまいが、どうあがこうがあがくまいか地球上にいる限り猛烈なスピードで運び去られてしまう恐ろしさ。やだやだ。

暮らしの中の合気道
合気道小山田道場

今日の稽古は。。

後ろ片手胸持ち一か条抑え(1)(2) 
持たせた片手からの変化と持たせた胸からの変化2種を行う。
理合いは後ろ技両手持ち、正面からの胸持ちと変わらない。足の捌きが重要になる。
同じく後ろ片手胸持ち二か条抑え(1)(2)
これも胸持ち二か条の理合いで成り立つ。
後ろ片手胸持ちからの綾持ち二か条も併せて確認する。
後ろ片手胸持ち小手返し(1)(2)は後ろ両手持ち小手返しとさして変わらない。
後ろ片手胸持ち肘当て呼吸投げについても同様。
この「後ろ片手胸持ち」の存在に気づいてから繰り返し稽古をしている。
一通りの技が成り立つので小山田道場の科目に加えようと考えている。
養神館には無かった体系だが技の幅が広がる点、研究工夫という点で重要な気がする。

暮らしのなかの合気道
合気道  小山田道場


先日。。

 映画「Sing」を観た。面白かった。動物が主人公のヒューマンアニメ。歌のコンテストを中心に物語がすすむ。見て損のない映画でした。子供の頃見て感動した「101匹わんちゃん」を思い出したが今の映画の技術とサウンドは当時をはるかに凌駕している。続編ができるようだがまた観に行こうか。
 そういえば妻と息子が「3月のライオン」を観たがっているので来月にでも観に行こう。それにしてもこの映画何故、前後編なのだ。
 イギリスの言い習わしで春が来る前兆を3月のライオンと表現するらしいが日本ならさしずめ春の嵐というところだろう。将棋の奨励会では登竜門に春におこなわれるトーナメントがあるらしい。
 家に原作の漫画があったと思うのでみてみようか。

暮らしのなかの合気道
合気道  小山田道場

小金井市総合体育館で。。

スポーツ祭の一環で合気道体験教室を開催しました。第一部は二か条、二部は一か条。
大勢の人が参加。盛況でした。合気道に興味のある人が結構いるのだな、という感想でした。
去年は道場に入りきらないくらいの人が集まり今回は人数制限をしての開催となりました。

暮らしのなかの合気道
合気道  小山田道場

ようやく出来るようになり第一目標はクリアー。。

 アブローラー(腹筋ローラー)を使って立ったまま転がすことができるようになった。アブローラーを使い始めてかれこれ半年余りが過ぎた。初めのうちは10回程度の膝をついての膝コロから始めて100回以上できるようになった。立ちコロもできるような気がして今日やってみたら出来た。
 今までの経験からも「あッできるな。」と予感した時には全部できている。稽古の継続はある時点まで来ると次のステップへの予感を伴う。
 さて、立ちコロデビューとなったので深度と回数を高めていこう。今回立ちコロは20回まで。しばらくは膝コロ含めてこのペースでいくか。何よりも体を壊したくないので最近は慎重です。

暮らしのなかの合気道
合気道  小山田道場