昨日は再び。。

 H女史とT氏が審査稽古に訪れた。
有段審査を受けると言うので先週の基本技は後ろ技の一か条全般を行った。今回は後ろ技三か条と側面入り身投げ全般を行う。その後は後ろ技両手持ち、両肘持ち、両肩持ちの自由技と進み短刀取り、剣取り、多人数取りの稽古をする。これだけの内容を稽古すると二時間はかかる。それにしてもH女史熱心で先週稽古したことがきちんとできるようになっている。素晴らしい。来週も来る予定だそうなのでまたどれだけ進歩しているか見るのが楽しみです。

暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場

凄い動画を観た。。

 草原でチーターが獲物のガゼルを猛追激している。ここまではドキュメンタリーにあるような普通の場面だが追撃するチーターの後ろからこともあろうに人が猛スピードで走ってきてチーターを追い抜きさらにガゼルに追いつくや否やそれを小脇に抱えて走り去る。チーターがあっけにとられた様子で走るのを止めて歩いている姿は自尊心を完全に傷つけられているようにも見える。これってフェイク動画だろうとは思うが良くできすぎている。どう見ても合成やコンピューターグラフィックとは思えない。アフリカにはこんな人がいるんだろうか。

暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場

やはり。。そうか

 NASAの発表はTVのニュースなどでも報じていたが39光年という近い場所に地球と同じ条件、7なつの惑星を持つ天体に生命の可能性がある、という発表。今の科学では全てを知るためには10%の認知度というが我々凡人からすればそれでも夢が与えられる。これから推し量るに日常のレベルでも残り90%のなかにそれぞれの夢が叶えられるチャンスが潜んでいるということになる。楽しみじゃ。
暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場

陸上に生息する生物は。。

 追うモノは目の位置が正面にあり追われるモノは目の位置が横にある、ということに気が付かされて、さて人科の生物はこれから何を追うのだろう。
 NASAが23日午前3時に重大発表するというがなにかな(゚д゚)

暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場

今朝は。。

 寒気に包まれた景色の向こうに冠雪の富士山がくっきり聳えていました。
 チーちゃん歩くの早い。左脹脛の筋力低下があるので歩くにも少し辛いものがある。稽古時にも肢が疲労してくると動きずらい。まあ何とか付き合っていくしかない。掛かりつけ医からは100%は元に戻らないと言われたが筋トレと稽古で大分回復してはいる。だがつま先立ちがまだ充分にできないので基本動作がやりにくくてしょうがない。ぷつっと動かなくなった時の状況からすれば60~70%の回復と言ったところでしょうか。
 脊柱管狭窄症の手術から3年が過ぎましたが右足首までの痺れは取れない。以前は膝下まで痺れていたので徐々に回復はしている。主治医は「(あなたの)神経は生きています。」という。神経そのものが病んでいると痛いそうだが痛みはないので気長に養うしかない。

暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場