今朝の稽古は。。

立ち技、半身半立ち、座り技の両手持ち天地投げ(1) 正面打ち正面入り身投げ(1)
相手を呼び込む手が使えると胸の高さで手を合わせても正面入り身投げが成立する。この形で肩持ちの正面入り身投げも成立することを確認。剛三先生も掴まれてからでは遅い、と言っていましたが掴まれる前であれば側面入り身投げも正面入り身投げも成り立つ理屈。もっとも型稽古の場面では掴ませたところから始めないと稽古にはならない。よって肩持ちの正面入り身投げは基本技には無い。 天地投げは左右の呼び込む手を確認する。この手が使えれば座ろうが立とうが同じこと。

名人塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場