さて、今日の稽古は。。

第一基本技 (片手持ち四方投げ1,2 正面打ち一か条抑え1,2 片手持ち二か条抑え1,2 横面打ち三か条抑え1,2 正面打ち四か条抑え1,2 肩持ち肘締め1,2 片手持ち側面入り1,2 横面打ち正面入り身投げ1,2 正面打ち小手返し1,2 片手持ち肘当て呼吸投げ1,2 両手持ち天地投げ1,2 両手持ち呼吸法1,2)を要所要所を確認しながら二回ずつ行う。 

一か月ほど前から左足のふくらはぎに力が入らなくなった。痛みはないがつま先立ちができないので歩行時にはびっこを引く。それでも龍の演武では動いていた。整形外科の主治医によれば神経から来ているのではないかとのこと。来週は脊椎管狭窄症の手術を行った杏林病院での経過観察の日があるので相談する。場合によっては二回目の手術もやむなしと思っている。

そのようなワケで稽古はリハビリも兼ねている。動き始めると集中するので痺れのことは気にはならないが2の動きをするときには筋力低下の左足を意識せざるを得ない。バネが一本抜けた感覚、ググッと軸として使う時にはやはり心もとない。素早い引き足も踵を引きずってしまいマズイと思いやり直し爪先に修正する。元の状態に戻らなくてもあるがままの身体を工夫するしかない。息子の受けを取りながら人生の半分こんなことをしてきたなと思った。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場