FC2ブログ

今日は午前中から稽古。。

 小金井、小平、各教室の振替稽古を小山田本部道場で行った。
 剣の振りかぶり斬り降ろしは梃子(てこ)、右手は支点、左手は力点、刀の切先は作用点、であることを理解すれば刀の振り方もすぐに理解できる。右手で持ち上げない(支点は動かない)左腕を素早く押し上げる(力点だから)スイっと刀は頭上に舞い上がる。梃子は頭上。同様に力点の左腕で臍まで引き付ける、この時刀は前に放り出されるように素早く動く、これが刀が物を斬る動き。
 臂力の養成(1)という動作はこれを徒手で行う基本動作。刀を持っているつもりで動けば動きの質が変わる。稽古とは上質な動きへと自己改革する過程。
 そして梃子の力により動かされる、力まない身体から正面打ち一か条抑え(1)の技を行った。
 この技は解説するのに三つの切り口がある。入り身法、直接法、それ以外、の三つ。
 初心者には入り身法、中級者には直接法、上級者にはそれ以外。
 今日は中級者向け、入り身を伴わず直接、肘を中心に肩を返す、厳しい技。
 技には段階がある。いきなり初心者にウルトラCを要求することはできない。
 来週からは各教室、通常の道場で稽古の予定。

暮しの中の合気道



 
 

コメント

非公開コメント