FC2ブログ

運がいいのか、悪いのか。。

 と、問われれば、即座に「運が良い」と私は答えられる。多くの人に恵まれている。
  反面、人は過去の記憶に引きずられる。特に嫌やな記憶は未だに残る。
 死んだ親父が東電に勤めていたころ間違いを犯したらしい。何かと言えば+と-を繋ぎ間違えたため変電所自体がショートして大ごとになったという事故。親父が東電から退職後に感謝状を贈られた時(大手の会社はOB、OGに存命であれば退職後も感謝賞状を送ったりする。)臨終の病床に臥していたが、うわごととしてその事故と感謝状のことを一人つぶやいていた。
 あんな事故起こしたのに感謝状など貰っていいのかと。
 彼が若かった頃のことなど私は断片的にしか知らないが死を間際にしても過去に引きずられるんだ、ということをその時知った。思ったことは過去の嫌な自分もそして嫌な他人をも許すことが大事。
 今まで、生きてこられたことそのものが運が良い、これから先もどうにかなるさ、自己肯定が大切。

暮しのなかの自己
 
 
 

コメント

非公開コメント