FC2ブログ

身を守る技。。

 武漢肺炎コロナで道場を自主休館する前の話。
 場生の一人が護身技を習いたいと指導員に言ったそうな。???が私の頭に。だってこの人すでに黒帯持ってるし何のための護身技か?この人、介護福祉施設に勤めている。
 そでは認知症の人もいたりする。どこも受け付けてくれない人もいる。ある認知症の一人が暴力を振るうそうで、女性職員は近づけない。暴れるときには男性職員が数人で押さえつけるらしい。しかも、うつぶせに抑えると虐待していると思われるので仰向けに抑えたいと言う。
 内心、馬鹿じゃね。人目気にしていて肝心のことが抜けたらどーすんだ、と思いました。
そういえば養神館の内弟子だった頃、警視庁から派遣されていた専修生(合気道専門訓練生)の一人が言ってました。警察官が空手を使うと衆目の印象が悪くなるので使えない、と。それと同じか?
 仰向け抑えるなら柔道がそうですがご存じのように上から抱きついて抑え込むのが一般的。
 合気道の抑えは常に相手の反撃を防ぐ意味でうつ伏せに抑えます。
そこで、私が問いました。合気道の技はうつ伏せに抑えるのが一般的だけど唯一仰向けに抑える技があるけど何だ?と。そう、四方投げです。初心者が最初に習う投げ技、かつ抑え技。
 いろんな護身的バリエーションで稽古しました。
 基本技だけでなく護身技を稽古させなきゃダメなのか?頭使えよ。
ということで、私の道場では体験入門に基本技&護身技の時間帯を設けました。が、武漢肺炎コロナが終息してからの話。合気道は一間(1.81m)の間合いだがコロナは2m。 

しのなかの護身

コメント

非公開コメント