FC2ブログ

伊東温泉。。

 ケイズハウス伊東温泉が宿泊地。現在ではゲストハウスとして海外から多くの旅行者がやってくる。以前は温泉旅館 以奈葉 玄関の窓ガラスにはそう記されています。この旅館の隣に東海館というこれも昭和初期の風情のある元旅館があります。こちらはすでに廃業していますが館内は入館料200円で見学自由。散策後は今日3回目のお風呂に入って、今度は本物のビールを飲んで就寝。各階にプライベートバスがあり貸し切りで入れる。これが狭い。扇型をした湯船で湯が熱い。長居はいけませんと言っている。でもあるカップルは長いこと入ってました。
何してるの?
 翌朝、昨日見つけておいたジョナサンでモーニング。その後、海辺まで散歩。宿に帰って朝風呂に入りました。プライベートと異なりこちらはゆっくりしてくださいという湯加減。受付でプライベートは熱めですと言われた通りでした。妻が帰りにMOA美術館に行きたいというので行きましたがこれも山道をグイグイ登らねばなりませんでした。山道に迷いながらMOAの看板を発見。山の中腹、3階が入り口。四国で見た大塚国際美術館と同じ発想の建物です。ここで国宝の尾形光琳「紅白梅図屏風」をじっくり見てきました。ムーアの彫刻もありものすごくよい景色です。

早朝の風景 伊東大川沿い
伊東大川
手前角形の屋根が東海館、中央奥丸型の屋根が旧いなば旅館、現ケイズハウス伊東温泉

旧いなば旅館
以奈葉
丸い屋根は望楼、この日は風が強く古いガラス窓がガタガタ音を立てていました。窓の鍵も昔ながらのねじ式でした。3階右から3番目が私達の部屋。隙間風がガタガタもの音を立てさせる。

旧いなば旅館玄関
以奈葉 玄関
昭和の赴きです。川沿いから裏手に細い道があります。そこの一角。

旅館内
松の間
右の部屋が「松の間」私たちが宿泊した部屋。

旧いなば旅館に向かい右隣にある東海館
東海館
左斜め前に干物を売るお店があります。旅行の帰りにめざし、サバ、サバのみりん干しを買いました。

東海館のお部屋の一つ。どの部屋も純和風。こんな具合です。
東海館 部屋
火鉢がいいです。ちゃんと使えるように灰もそのままになっています。

館内の広間にはお雛様がいっぱいでした。
ひな祭り
部屋と部屋の障子を取り払って作った広間。

重岡建造氏の作品
重岡建造
こんな凄い人がいるんだと驚きました。今まで知らなかった。

MOA美術館内からの景色
MOA館内から
素晴らしい!

ムーアの彫刻
MOA ムーア
この階段を上がると左壁面一杯にアポロンの彫刻があります。
 
これがアポロンの思索 群がる詩のビーナス
アポロンの思索
彫刻を前に後ろの階段を上ると美術館3階の入り口です。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント