FC2ブログ

今日は大寒。。

 寒稽古第一日目 お題は片手持ち四方投げ(1) 半身半立ち片手持ち四方投げ(1)(2)でした。大寒ということなのですがそれほど寒くありません。風は冷たいものの室内にいると暑いくらいです。
 さて、久しぶりに映画館に行ってきました。以前から懸案になっていた「男はつらいよ お帰り 寅さん」どんな作りの映画になっているのか興味がありました。作家デビューした寅さんの甥っ子、満男とその娘、満男の初恋の人=泉を中心に満男の母親=さくら 父親=博士が織りなす現実の世界。その要所要所に寅さんの記憶がちりばめられ渥美清扮する寅さんが蘇ってくるという構成でした。私にも日常ある場面を見ると必ず思いだす記憶があります。いちいち口にはしないけど人はそんな記憶と共に現実を過ごしている。記憶はすでに現実ではないけど起きた瞬間には現実だった分けだから記憶の積み重ねが人生か?死ねば、その人の記憶が周囲の人の記憶に刻まれる。
 は寅さんが死んで時が経ちそれぞれが年を取り問題を抱えて生活する中に寅さんの記憶呼び覚まされる。
 そして男はつらいよシリーズに流れているのは人情噺と滑稽味。感動する場面も多々ありました。とはいってもこの寅さんシリーズ私の世代に当然ありましたがまだ中学生くらいの時期なので映画館に積極的に行くということはありませんでした。テレビで放映される前作回のものを見る程度。むしろ私よりも一つ上の世代の人たちに受けたと思います。劇場には私より世代の上の方が多かったように思いました。 
 そして最後に思ったことは題名はお帰り 寅さんなっていますが「さよなら 寅さん」同義だなということでした。 
ということでユーチューブで見つけた徹子の部屋、寅さんとさくら
徹子の部屋で語られているメロンの話、映画の中でも取り上げられています。私は浅草よりでした。
小中学生の頃は下町育ちでしたから。

PS: なな、ナント私 Twitterなるものにデビューしました。初めは何かよくわからず調べたらフォローすることが主たる目的だということなのでアメリカ合衆国大統領、我が国の総理大臣、防衛大臣、芸能界では知ってる可愛い子をフォローしてみました。スマホですのでいつでも使えて便利。なにがって音声入力できるとこがいい。ただしTwitterは文字制限があるので面倒。文章力で補うのみ。
ちなみにTakayuki Oyamada でツイートしてます。なるべくブログと被らないようにしますがどうなることやら。。。face bookもよろぴく。余生をこんなことで発散しています。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント