FC2ブログ

2019冬の京都 三日目。。

さて、三日目は懸案の桂離宮。皇宮庭園なので事前申し込みが必要になります。園内受付には皇宮警察官がいました。そして7~8人のグループに分けての散策、説明会。この日は雨模様。

桂離宮1
背後の白い門が表門。皇室専用だそうです。それにしてはちょっち汚い。

その白いを門を抜け、この御幸門をくぐり左に行くと庭園の入口。
御幸門の柱はコルクの木です。樹皮はコルクそのもの。柔らかい。
桂離宮2
御幸門を出て左に庭園入口。

 ガラガラと黒い戸板を開くと庭園です。屏風の松。一目で庭園の造作が見られないように目隠し。お楽しみは後で、という発想。回遊式の庭園なのでぐるっと一周するとまたここへ戻ってきます。
桂離宮14


茶室の準備が整わない時には庭を愛でながらここで暫時、待つのだそうです。外腰掛。
桂離宮3

外腰掛の前にはソテツの木が目隠しに植わっています。
冬は暖かい地方の木であるソテツを守るためにこうして藁で包むのだそうです。その先はお池。
桂離宮4

お池はこんな感じです。
桂離宮8

州浜から見た風景。手前の灯篭は灯台に、奥の石橋は天橋立に見立てているそうです。つまりこの池は海なのです。実際当時は船でこの庭園を行き来したようです。松の陰になっている建物は松琴亭。
桂離宮5

松琴亭 お茶室です。桂離宮には四季に合わせた茶室が立ち並んでいます。
桂離宮7

松琴亭でパチリ。後ろの襖の市松模様は当時斬新なデザインだったそうです。群青色はただ和紙に色を塗ったのではなく染めたものだそうです。
桂離宮9

賞花亭。
桂離宮11

園林堂 オンリン堂と読みます。かつては持仏堂、現在は何も入っていません。
桂離宮12


山に見立てた高台からの景色。水面までは6mあるそうです。
この人工の池を掘った土でこの山を造りました。
桂離宮10

その後、笑意軒、月波楼と巡り最初の場所に戻ります。 もっと 桂離宮 
約一時間の散策でした。四季に折々の桂離宮に来てみたいです。

と言うことで旅行最後の目的地 伏見稲荷へ。。伏見稲荷はJR伏見稲荷駅の真ん前。
ですが、車で行ったので写真右にある板塀の向こう側の駐車場に入れました。
伏見稲荷5
やはり大きな鳥居。

伏見稲荷4
狐がくわえているものは何だ?調べてみると稲穂。御狐様はそれ以外にも鍵、玉、巻物だそうです。御狐様がご神体。 もっと 御狐様

外国からの観光客がわんさかいました。
伏見稲荷1


社殿でお参り。
伏見稲荷2

例の無数の鳥居。
伏見稲荷6
うんざりするほど鳥居をくぐりました。御山をひとまわり、これにはビックリ。
専門の鳥居業者がいることも知りました。
伏見稲荷3
昼は参集殿で天丼をいただきました。関東と異なり薄塩味のタレに山椒の粉がかかっていました。これはこれで美味い。茶色いタレに親しんだ眼には新鮮でした。

その後、帰京。 
今回の旅行では我が愛車スイスポは984.6Km走り総燃量55.53L. 平均燃費17.7Kmでした。
カタログ値が16.2Kmなので良い方です。
今まで乗った車はカタログ値を超えることはありませんでしたがこの車は条件次第で大きくプラスの方向に変化します。冠雪した富士山とスイフトスポーツ。足柄SAにて。
DSC_0450.jpg
でめたしでめたし。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント