FC2ブログ

2019冬の京都二日目。。

 の予定は哲学の道から熊野若王子神社経由、大豊神社、法然院、銀閣寺、真如堂、金戒光明寺、疎水記念館、夜は新京極で何か食う、です。
 
京都トラベラーズインの朝食
朝飯
これが美味しい。三日目はトーストにスクランブルエッグでした。

トラベラーズイン玄関からの景色
ホテル景色
左に見える大鳥居は平安神宮。今回は行きませんでした。この日は終日自転車を借りて走ります。

ということで早速、哲学の道。
哲学の道
 この道を散策しながら哲学するのも悪くない。少し小高い小道なので左手に人家の屋根が広がっています。ふと見ると猫が二匹,朝寝してました。この日は天気も良く散歩日和です。

哲学の道の脇を疎水が流れています。
哲学2
静かで穏やかな風景ですが道に轍の跡が、ん?車がとーる?実際ギリギリで通過する車がありました。トラックまで走る。京都の裏道は大通りに比べてソートーちっこいですが車が通るのには驚きます。
この道沿いに神社仏閣が鉄道の駅のように並んでいます。
 
 初めの神社は熊野若王子神社。行ってみると神社の年越し準備か?枯れ木がうずたかく境内に積まれその脇の結構深く掘った穴ぼこで禰宜らしき人がそれらの枯れ木を燃やしています。送風機を使っているので微塵の灰が空中を舞っている、息苦しくて早々に退散。
 この神社の脇の道が山へ通じていて看板を見ると新島襄と八重の共同墓があると書いてある。NHK大河で放映した「八重の桜」綾瀬はるか主演、その八重の墓か、と思いながら行ってみようと歩き始めました。同志社大学の管理墓地らしく途中山道を歩くための竹の杖が数十本かごに入れられていました。一つ一つに同志社大のレッテルが張ってあります。そこから20分程。では行くべーと歩き始めましたが道の悪さと言ったらない。道が雨に流されて酷い荒れようでした。大分行った先では山道が崩れて酷い、行こうと思えば行けなくもなかったがイノシシ、猿、出没の看板があり、あ、やめたと即決。君子危うきに近寄らず。それにしても同志社大の皆さん大学創設者の墓への道は整備しましょう。
 
ということで、大豊神社 ここは狛犬ならぬ狛鼠が売りの神社です。
大豊神社

静謐な空間です。
大豊
鳥居の文字がすでに読めない。時代が付いています。御神水で清めお参り。

銀閣寺近くの法然院山門着。
法然院山門
 この法然院には枝垂桜の下に文豪、谷崎潤一郎の墓があります。今は冬なので寂しい限りでしたが春になれば桜も満開陽気な空間になるのでしょう。ところで文豪谷崎の墓はもう一つあるようで東京巣鴨の慈眼寺の一角に「安楽寿院功誉文林徳潤居士」と刻まれている。ここ法然院では丸っこい墓石に「寂」の一字、わきに潤一郎と書いてある。三番目の奥さん松子夫人の実家のお墓に同居している。

法然院の仏像が。。
法然院 仏像
裏側に行くとありました。

境内で見つけた不思議なオブジェ。
不思議な
良く見るといたる所にありました。写真では白っぽくなっていますがもっと
緑色で日の光にキラキラ輝いていました。巨大な水晶のよう。

さて銀閣寺門前。
銀閣寺
 慈照寺銀閣寺と門柱にある。正確には東山慈照寺と言うらしい。はるか昔、修学旅行で尋ねたことがあるんじゃないかと思いましたが全く記憶の底からその映像は浮かび上がってきませんでした。

お庭。
慈照寺銀閣
砂のオブジェ。手入れも大変でしょう。

銀閣2
こんな具合です。

お池。
銀閣3
今日は天気も良く。池の水が鏡のようです。

小高い山から望む。
銀閣4
境内をぐるりと経巡って京都市内の眺望。

銀閣寺。
銀閣5
あれ?こんなに地味か?見過ごしてしまうとこでした。 もっと知りたい方はどうぞ。銀閣寺

さて、チャリをこいで真如堂へ。。
真如堂
どこへ行っても立派な門構えです。首都は京都のままで良かったんじゃないの。

大涅槃を現すお庭。
真如堂1
どこへ行っても枯山水。涅槃とは全てと調和した心静かな状態をさす。

庭の一隅にあった。。
真如堂2
手水鉢。

元からある樹木を生かしたお庭。
真如堂3
幾何学模様が素敵です。 もっと知りたい方はこちら 真如堂

そして次に行った先は金戒光明寺
金戒光明寺
どこ行ってもこうした建築物に圧倒されます。

光明寺の空
光明寺の空。境内にお茶屋があります。お私は甘酒、妻はソフトクリームをいただきました。天気は良くても少し寒かったので久しぶりに飲む甘酒が特に美味かった。妻はアイスだから対照的ですな。

金戒光明寺1
境内にあったシマモクセイ あまりに立派なので写真に収めました。とにかくでかい。
インド人もビックリ。 もっと知りたい 黒谷金戒光明寺

そして疎水記念館へ。。
迫力ある疎水の奔流。夕方で西日が差してきます。
この記念館では疎水の歴史が展示されています。

インクライン(傾斜鉄道)の線路。水路の落差の大きいところは船が通れないので代車に載せて運びました。その名残の線路、蹴上から南禅寺まであるようです。ここもインスタ映えの場所になってます。
船と言えば疎水を巡るクルージングがあるようです。今度乗ってみたいな。
疎水記念館 インクラント 

この後宿へ帰って一休み。私は風呂に入って疲れをとりました。夜は新京極で寿司を食べました。

二日目終了。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場


コメント

非公開コメント