FC2ブログ

先日の落語会。。

 行ってきました。それなりに面白かったが古典落語を演じたのは前座で出てきた女性落語家だけでした。志らくはテレビに出ているのでその辺の話やよもやま話で終わり、小円歌はすでに小円歌ではなく名を改め立花家橘(きつ)之助、三味線漫談でした。これが震い付きたくなるようないい女。トリを務めた円楽も新作落語でした。内容としては子供が学校で朗読する本、父親の書架から持ち出した本が表紙は名作ながら中身はポルノ小説という設定でした。円楽の話の中で出てくる作家の名前は私や妻にはなじみ深いものでしたが息子に聞くと読んだことがないということでした。円楽は私たちと同世代なのでそういうことなのでしょうか。
 以前コント山口君と竹田君を聞いた時には会場中大爆笑でしたが今回はざわめく程度の笑いでした。
古典落語が聞きたいと思っていたのですが少し当てが外れました。演者の持ち時間は余裕があったのでゆっくり聞くことができたのは幸いです。
 またこのような落語会があれば行ってみます。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント