FC2ブログ

早や、年の瀬。。

 いろんなところから来年のカレンダーが届く季節になりました。
 五日後、23日の納会を持って道場も来年1月5日まで冬期休館に入る。その日暮らしではあっても1年てあっという間です。
 ということで、先日義父の17回忌の法要で八柱霊園に行った。晴天に恵まれるも風が冷たい。読経の声と線香の煙が渦を巻いて空に舞った。
 早くも17年が経ったのかとあらためて時の移ろいを肌に感じました。義父の無くなったこの日は次男を連れてロスの知人宅にいました。息子は小学5年生でしたがすでに28歳になっています。
 銚子丸で早目の昼食を頂き、義理の姉夫婦を八柱の駅まで送り、まだ充分に時間があるので妻、長男共々柴又の帝釈天題経寺をお参りしました。帝釈堂内陣の外側にある、十枚の胴羽目彫刻が素晴らしい。仏教経典の中でも最も有名な「法華経」の説話を選び出して彫刻したものだそうですが晴天の陽の光が差し込み陰影がはっきり浮かび上がり見事でした。そして彫刻ギャラリーから見える庭園・邃渓園(すいけいえん)も見事。お茶が自由に飲めるようになっていたので休憩所で庭の景色を堪能しました。近くで子供達の元気な声がするので庭園を見渡す回廊からすぐ隣を見ると幼稚園がありました。こんな環境がすぐ近くにある子供たちは幸せだ、と思った次第。
 お参り後は帝釈天参道をぶらり。川魚料理のお店、団子屋、煎餅屋、飴屋、お土産物屋、駄菓子屋などが並び「とらや」の前では「相変わらず馬鹿か?」とフーテンの寅の声が聞こえてきそうでした。
 このとらやは第一作目から四作目まで「男はつらいよ」シリーズで舞台になった場所。
明治20年創業当時は「柴又屋」という屋号だったものが昭和に入り映画での屋号「とらや」に変更されたようです。創業当時の建物は老朽化が進み平成元年に立て替えられましたが映画に出てきた階段は保存してあるようです。食事処も併設されているので今度また行ってみようか。この日はとらやで草団子、煎餅屋で煎餅、駄菓子屋でひやしあめとスモモを買いました。いろんな店があり食べたり飲んだりしたかった、絶対また来よう。来年。
 柴又の駅前までぶらぶら歩きうかつにも「寅さんの像とそれを見送るさくらの像」を見過ごしてしまった。後から気が付いたが時すでに遅し。少々疲れてぼんやりしていました。駅舎の柴又駅の看板を見ただけで、ここまでか、と思い駐車場に引き返してしまいました。残念。
 帝釈天 帝釈天門前
 
 年の瀬に来年の国外セミナーのオファーがありました。場所はモスクワ。以前行ったこともありますが久しぶりです。来年11月ですがあっという間にその日になるんだろうな。
 次男は25日から三泊四日で九州に行くようなのでチーちゃんのお守りをしながら日帰り温泉に夫婦で行こうかと考えています。
 昨日はオリエント急行を夫婦で観てきました。面白かった。今年は映画も髄分観ました。
一か月に1~2本観ています。今年は最後にスターウォーズを観ようかしら。
 今年2月から始めたFacebookも2200人以上のお友達ができました。お友達リクエストが約230件ありますがのんびりお友達の輪を作っていきます。Facebookのお友達上限は5000人なんですね。
 最後は箇条書きになってしまいました。
そーだ、来年は戌年だからチーちゃんと家族一緒に写真を撮ろう。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

 
 

コメント

非公開コメント