やっと終わった。。

 大日本印刷製の壁紙が製作工程のミスからリコールの対象になったと連絡があったのは3ヶ月ほど前でした。5月の連休と8月の夏休み期間に全て異常のないものに張り替えることとなり工事工程表を作成してくれました。
 ことの発端は妻の部屋の壁紙が3年もたたずに擦り切れ始め、家中の壁紙をよく見ると変色したりシミができたりしている。劣化が早すぎるということを感じていた矢先にこの家の建築士からリコールの対象の壁紙だと報告がありました。
 家具や電気器具全てを移動しながらの工事。当初のように何もないところに壁紙を張るというわけではないので想像しただけでウンザリしました。小物類は段ボールが送られてきたので詰め込み工事以外の部屋に移動、PCも電源を抜いて移動、取り敢えず動かせるものは移動させての工事となりました。プチお引越しかつ大掃除状態でした。
 職人さんたちは手慣れたもので壁に張り付いている家具、カーテン、電気製品、階段の手すりなど全てを綺麗に取り外し壁紙を正常なものに張り替え何事もなかったかのような仕上がりにしてくれました。クローゼットの洋服はそのまま掛けっぱなしにしていましたが原状復帰で見事に元通り。結局4月29日~5月5日の間に一階の道場から三階まですべて終了。その間どこにも行けませんでした(4月29、30日は合気道合宿で私と息子はいませんでしたが)夏休みも潰す当初の予定が5月の連休だけで済んだのは万々歳です。これも妻が工事手順の変更や工期の短縮を随所に要請したおかげかと思います。職人さんが言うには動かせるこまごまとしたものを片付けておいてくれたおかげで手間が省けたとのことでした。
 不具合を起こしたこの壁紙、全国に散らばっているので全戸すべてを修繕するのに2年はかかるそうです。しかも不具合が判明した時にも壁紙を制作し続けていたことがさらに被害を拡大したとのことでした。我が家では擦り切れ、変色程度でしたがマンションなどの高層階では日当たりも良いので壁紙が剥がれ落ちるような状況もあったとは職人さんの弁。
 個別に請け負う仕事もあるので職人さん達も大忙し。
 このように書いてくるとすべてが順調のように思えますが複数の知らない人々が家に押しかけ作業するというのは居住している私たちには酷いストレスでした。チーちゃんは吠えて声を嗄らしてしまい出窓の桟に一時預け、犬は高所を嫌うので静かになります、日がな一日ですからトイレに行くのも気を使うし昼はわざわざ弁当を買ってくる有様でもーいやだ。
 さて、明日から再び稽古開始。新規入会予定者も数人いるので気を引き締めて今年後半を迎えようと思います。 
 そーだ、今月21日には龍の演武がある、何をしよう。

暮らしのなかの合気道
合気道  小山田道場
 

コメント

非公開コメント