のめこい湯。。

 朝出るときには快晴だったが山梨丹波山に着く頃は雨が降りだした。
昼頃、小河内ダムに到着。腹が減ったので温泉に着く前に昼食にした。水と緑の科学館4Fの食堂で妻は山菜蕎麦、私は茸カツ重を食べた。こんにゃくとピリ辛の牛蒡、微かにワサビのきいた青菜の付け合わせが美味。この食堂にたびたび訪れるが確かに美味しい。蕎麦の盛り方も多めだし一度カツカレーを頼んだらむちゃくちゃ多いのでビックリした。もちろん奥多摩に生息する川魚の料理もある。

 道の駅たばやまの石段を下り、渓流の音に耳を傾けながら吊り橋を渡る。
 露天風呂でしばし打たせ湯に身を任せ、保温室でうたた寝をして再び内風呂でまったりと時を過ごした。ぬるめのお湯に長く浸かるのが私の流儀。熱いのは嫌だ。
 館内の食堂でソフトクリームを舐める。よその家族の女の子がその私の姿を隅の方からじっと見ていた。目が合うとスッと姿を消ししばらくするとまたじっと見ている。きっとソフトクリームが食べたかったんだろう。この頃になると雨がしきりと降り出し周囲の山が霧に煙り水墨画の如き景観を織りなしていた。水の臭気と木の肌の臭いが溶け込んだ山の空気が何とも言えず新鮮でした。
 帰りは奥多摩周遊道路を駆け抜けて帰着。
筋肉が緩んだはずなのに却って筋肉痛を感じる有様でしたが一晩たったらなんともなくなっています。
 
 今朝は今年の春季合宿地の選定をして過ごす。結局、4月29日、30日の五月の連休の頭、長瀞に一泊二日と決めました。今回は2時間ほどで行ける近場です。来年からも安く近い場所をと考えています。

暮らしのなかの合気道
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント