見舞いのついでに。。

 吉見百穴(ひやくあな)に行った。熊谷総合病院から30分程の所にある。岩山に穿たれたれた無数の穴。
 江戸時代の中ごろから不思議な穴として文献に記されていた。当初、土蜘蛛人の住居跡などとまことしやかな学説さえ飛び出したようだが後の詳細な研究の結果吉見周辺に住んでいた古代人の横穴式墳墓という結論に至っている。
 百穴の読み方は普通(ひゃっけつ)と読むが江戸時代から(ひゃくあな)と呼びならわしていたのでそのまま現在に至っている。
 第二次大戦末期には軍需工場としてトンネルが掘削され現在でもその跡がある。松代でも似たようなトンネルがあるのを思いだしたがこちらは皇宮、大本営の移転場所としてその当時多くの朝鮮人労働者を働かせた場所なので規模が違う。
 百穴周辺の一部に天然のヒカリゴケの繁殖する洞穴もあり国の指定天然記念物になっているが昨今の温暖化などにより繁殖が著しく後退している。手をこまねいていると全滅の危機にあるのだが国の指定記念物なので地方行政では如何ともしがたくこの点、国の鈍重さが垣間見える。


吉見百穴 011 吉見百穴 004 吉見百穴 009
穴の実数は219。一部の穴は天井が高く人が立ち上がれる程の高さがあり、這わなければ入れない穴もある。一段高いベッド状の場所に遺体を安置したと考えられそれに伴う副葬品が出土している。天然のヒカリゴケ。穴の奥の暗さになれないので肉眼では確認できなかったがレンズを通して見ると奥にほんの少しのヒカリゴケが確認できる。以前は洞穴の全面にあった。

 ブログをさぼっていたらアッという間に地球が14回転してしまった。入院中の長男も病院で無聊をかこち退屈している様子。結構大量に持って行った本もあっという間に読了したようで、今日は来るんだっけ、とメールを送ってよこした。残念ながらメールを受けたその日の朝は箱根の山中。一泊したかんぽの宿から岡田美術館に向かう途中でした。
 箱根については次の機会に書こう。 さて、今日はまた本を持って見舞って来ようか。

慶宏指導員 Facebook

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント