能登旅。。

一日目 福井編
能登1 025 能登1 003
言わずと知れた東尋坊。

[広告] VPS

この日は風が強く遊覧船は欠航。地元の人の話ではよく人が落ちるそうです。8割がたは助からない、とは次の日に乗った遊覧船の船長が言っていました。この日泊まったゲストハウスの近くにある寿司屋の女将が、よく救急車が通って、レスキューも出動する、と言っていました。確かに、自分から飛び込んでも込まなくても落ちやすい環境です。こわッ!
  向こうに見えるのは雄島。海運の大湊神社があります。
[広告] VPS

少しは風が弱くなっていました。それでも風の音が凄い。 日本海の波がうねっています。

能登1 028 能登1 031 能登1 027
閑散とした東尋坊タワー内。今回の能登旅行はどこへ行っても閑散としていました。金沢、輪島辺りは混むそうですが半島内部は日本の原風景の漁村、農村が主。水田が多い。海のギリギリまで水田がありました。真っ暗な夜に落ちても不思議ではない。
 出迎えてくれたのは布袋様。かなりの時代が付いて割れかかっていました。その亀裂に賽銭が詰め込んである、不気味な木像でした。

能登1 034
橋上でパチリ。
[広告] VPS

雄島島内を一周。不思議なことに真水の湧き出る岩場があります。

能登1 043 能登1 047 能登1 046 能登1 044
大湊神社の鳥居。 島内の道。原生林のあるところは山道でした。社のある小さな鳥居から東尋坊を望む。
  
能登2 003
今日の宿泊地、ゲストハウスメロームーン。シェアハウスといいながら一戸建ての2LDKがつながっている。6人まで宿泊可能。オーナーが変わり市と建設業者との共同経営ということでした。駆け込み寺のように使えることも念頭に置いているとのこと。御一人様3000円。戸建てを自由に使ってこの値段は素晴らしい。ここからは東尋坊にも永平寺にも近い。地元共同の温泉、セントピアあわらも近い。今回は温泉とセットの旅行を計画。 ここで1日目を終了。

二日目
能登2 006
朝8:30に着いたが開門は九時から。辺りをぶらつく。
伽藍の脇に寂光苑がある。
能登2 015 能登2 016
朝靄が立ち上っています。若かりし頃の道元禅師の大きな座像がありましたが何故だか撮る気にはなりませんでした。

能登2 020
玲瓏の滝。
 
[広告] VPS

朝の清々しさ滝の音が響きます。

[広告] VPS

鳴き交わしていました。離れるといっそう大きな声になったので人が近付いていることをちゃんと分かってる。動画ならぬ音画です。

能登2 023
永平寺川
能登2 007 能登2 010
修行僧の朝は3:30起床。疑似修行体験もできるので今度挑戦しようか。門柱を過ぎると観音様がお出迎え。

参拝者が一室に集められてこれから巡る七堂伽藍の説明を拝聴する。伽藍とはお寺の建物の呼び方で七堂とは法堂(はっとう、永平寺一番奥の建物、説法や法要が行われます。)仏殿(七堂伽藍の中心、御本尊 釈迦牟尼仏が祀られています)僧堂(修行僧の根本道場)大庫院(だいくいん、台所、食事所、接待の間があります。)東司(とうす、心身ともに清浄ならしめる道場=トイレ)浴室(言わずとも知れた場所)山門山門については説明役の修行僧が人生に二度くぐることを許された場所と説明。入門の時と修行なり下山の時の二回だそうです。伽藍内は撮影自由、但し修行僧を撮ることは御法度。
能登2 026 能登2 027 能登2 029 能登2 037 能登2 031
伽藍は回廊でつながっています。直接山肌の上り下りはないので雨や雪の日は良い。永平寺は雪深い所だからそのためか。

能登2 041 能登2 039 能登2 042 能登2 047 能登2 049
法堂には狛犬が鎮座していました。へ~と思いました。狛犬と言えば阿吽の呼吸、神社のイメージ。4mの大すりこぎ、柱に見間違えてしまいました。大数珠というものもありました。とにかくでかい。今も昔も永平寺の語り草。瓦修復の御志納金を収めて数珠を授かりました。 
永平寺を後に車で30分位。山あり谷あり道も混まずにスイスイです。強風の恐怖のため出航しなかった遊覧船に乗りに行きました。
能登2 067 能登2 055
わざわざこんな危ない場所に立たなくてもいいのに、人間は酔狂な生き物です。
[広告] VPS

昨日の強風とはうって変わり穏やかな日和です。
[広告] VPS
 [広告] VPS

縦から横にくるり。
[広告] VPS

海側からでないとその姿に見えないライオン岩。20秒~30秒の間にライオンが伏せをしているように見える岩があります。

半島の沿岸沿いを走って二度目の千里浜。
能登2 080

昼時なので千里浜なぎさ近くの蕎麦屋さん「あい物」に突入。天ざるをとりましたが蕎麦には腰があり天婦羅には紅葉がありました。紅葉の天婦羅は初めてで美味しかった。蕎麦も天婦羅も絶品でした。天ざるを見た瞬間、食い気に走り写真は撮り忘れました。
[広告] VPS

波打ち際に並ぶ車列。
[広告] VPS

くるりと一周。

さて、この後海辺沿いに気多神社、巌門へと進み二日目は終わるのですがブログもさすがに長くなったのでまた続くにしませう。
To be continued
塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント