だから。。

 今日は正面打ち四方投げ。相手の打ちをいなして体を開く。
 袋撓(しない)を使って相手の正面打ちをいなすところから稽古を始めた。指導員は振りきった撓がいなされているとは分からぬため面、小手をしばし打たれる。種明かしをする。この技法が徒手における正面打ち四方投げ。徒手では回転により体を開くのでさらにやり易い。
 徒手での正面打ちのいなしから側面入り身投げ、正面入り身投げ、小手返しにもつながることを確認した。
 正面打ち四方投げの呼吸が特殊で無いことをあらためて発見したというべきか。兎に角、相手の正面打ちを止めない。打たせる。

 さて、明日からは能登旅行。楽しみじゃ。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場


 

コメント

非公開コメント