風が。。

 強かった。
 今朝の稽古は杖と剣。右への変化でした。左への変化はこれで良いかと思っていましたが右への変化の中で考えさせられることもあり制定するにはしばらく考慮。体の働きとしては杖、剣、下手をすれば型稽古でも勝ち負けは入れ変わる。それは理合いに基づく。左5本、右5本。
 もともと考え始めたのが31の杖と気結びの太刀、組杖、組太刀はあるが杖と太刀の組み合わせがない。長い獲物に対して剣を勝たせるにはどうしたものかと考え始めたのがきっかけ。やってみると剣vs剣、杖vs杖にも応用が効くことが分かる。
 徒手の稽古は後ろからの正面突き小手返し(1)(2)、正面入り身投げ(1)(2)型の制定に遺漏があってはいけない。後ろの気配を稽古するには後ろから打たせることが分かり易い。
 同じく後ろからの別の種類の側面入り身投げ、正面入り身投げも考慮中だが前者に比べるとあまり面白くない。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント