小春日和。。

 指導員との稽古は31の杖の組杖を復習。だいぶ前に研究した動きだが久しぶりに稽古すると新たな発見がある。
今日は仕手の杖の動きが27本にまとまることを確認した。対面の組杖なので31の組杖にある番号7,8の部分はない。
 体術は肩持ち側面入り身投げ(2)、片手持ち側面入り身投げ(2) 肘の働きの確認。
 朝10時稽古では基本動作の根底の一つ、生活の中で人が歩く時には左右の肩から足に向け軸が一本ずつ下りるため二軸で歩く結果になる。この時、つま先で蹴る動作となっている、稽古ではこれを中心軸、つまりは一軸に収めなければならない、そのためにはどうすればよいか、基本動作は二軸を一軸に変換するための動作であることを説明した。
 それにしてもあたたかな日和です。また寒くなるようですが春はもうそこ。小金井公園では先日、梅まつりでした。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

コメント

非公開コメント