軽いと。。

変化の太刀(5) 気結びの太刀を只管。
私の普段使う木刀は結構重く600~700g。日本剣道型の木刀は550gくらい。先日ふと思い立ち桐の木刀を購入、軽さ150g。持った感覚は羽のよう。重い木刀ではその重量に筋力がぶつかり微妙な感覚が消えてしまうことがある。木刀が軽いとその微妙な感覚が良く分かり全体の動きを良く観察できる。重くても微妙な感覚を消さないように使わなければいけない。重い木刀は軽いように軽い木刀は重いように、と昔から言われるが結局、身体感覚はどちらも同じように動けということだろう。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場