fc2ブログ

小金井市合気道連盟。。の巻

 第75回小金井市市民体育祭の一環で我が小金井市合気道連盟(共催合気道小山田道場)も参加する。先日、新期選出された小金井市長に演武大会列席の連絡をしたら、小金井市の秘書課から電話があり、演武会当日は公務のため残念ながら出席できないのでご挨拶のメッセージを送りますということで頂いた。早速、演武会のパンフレットに掲載。コロナ以前は当時の小金井市長に来ていただき、酒席でも楽しめましたが今のご時世そうはいかない。現市長にはパンフレットを送り、結果はこうでしたと報告する積りである。市政と市民団体の繋がりはこうしたところにもある。その場では意外と市長に民意を直接言えることもできる。それがどう判断されるかは別の話。つまりはおしゃべりができるということ。

暮らしの中の合気道

春に散る。。の巻

 緻密なボクシング映画でした。ボクシング映画はロッキーを始め海外物をいろいろ見ていますが今回の映画は日本人の心にピッタリ、ジャスト・フィットです。
 老いを迎えた、かつてはボクシングで鳴らした3人の老人。この状況は毛色の違う丹下団平が3人いるようなもの。漫画の団平はジョーに会ってからコーチをやるからボクシングをやろうぜ、と誘うがみすぼらしく酔っぱらった団平を見て断り続ける。あることからジョーが少年鑑別所に留置されそこで同じく留置されていたライバルとなる力石に会う。たまさかボクシングの試合をジョーと力石は繰り広げ、結局ジョーは負けるが力石の一言「ジャブはプロ並みかと思ったらそれ以外は素人だな。」ジャブについては団平がハガキでその技術を伝えてありジョーは暇に任せて滴る水滴を拳で打つ。その感触の良さに引き込まれて自然に何度も練習したそのジャブをすでにプロである力石に認められた。ジョーは団平にもっと教えろと催促していくようになる。
 ところがこの映画はその逆で、佐藤浩市扮する仁、居酒屋でからまれたイカレタ連中を一発でのしてしまう。それを見ていたかつてはボクサーだった翔吾、仁を試すかのように殴り掛かるがカウンターでのされてしまう。あしたのジョーで言うところのクロスカウンター、漫画では相打ちになるのだが仁のカウンターは相手のみ打ち砕く。こんなパンチがあったのか、と翔吾はそれを知りたくて弟子入りを願うが断られる。
 結局は仁のコーチを受け力を付けていく翔吾、しかしある試合で目を負傷する、チャンピオンシップを控えて是が非でも出たい翔吾と辞退させたい仁との間に葛藤はあるが結局お互いを許しあう、老若はあるものの生きざまの方向は同じ。実は仁にも持病がありそれは心臓病だった。
 壮絶な打ち合いの末、翔吾はチャンピオンになるが右目を失明し引退、人生のリターンマッチ。
 翔吾の入院先から外に出ると、桜散る夜、どこかで桜が咲いていると探しに行く仁。
 翌朝桜満開、その桜の根方に半目を開いた仁が横たわっている。ここで、表題「春に散る」
 元プロボクサーだった3老人の健三役の片岡鶴太郎ひところはプロボクサー経歴もあり味のある役柄でした。も一人の老人は次郎役の哀川翔、酒飲みのいじけた役柄でしたがやっぱりボクシングが好きだったんだと最後はほっとさせる。役柄のためか太っていてはじめ気が付かなかった。声で本人を手繰りました。
 そして最後に、約50年来の私の友人が「仁」という名前で白髪の役柄の佐藤浩市にそっくり。映画では「仁一」でしたが我が方の仁は「ひとし」ですがジンと呼んでいます。


暮らしの中の合気道

MEG2。。の巻

 ザ・モンスターズ2を3Dで観てきました。冒頭、画面から巨大トンボが羽音高く飛び出して劇場内を飛び回る。まだ夏休み中の子がこれを見て「あ~ホントに怖い。」とのっけから言ってました。まだ始まって数秒。このトンボを岩場にいたトカゲ様の生物がカメレオンのように舌を伸ばしてバリバリと捕食。そしてこのトカゲを狙って今でもいるようなコモドドラゴンのような小型の恐竜が捕食する。さらには中型の恐竜がコモドドラゴン様の恐竜を追い回し、海辺なのでドラゴンが海中に逃げ回るのをついに捕らえる、と思ったらそれよりでかいティラノサウルスみたいな大型恐竜がその中型恐竜を餌食にする。次の瞬間あろうことかそのティラノよりもとてつもなく巨大なサメが海中から躍り出てティラノを食ってしまう。これがこの映画の古代生物の悪役、メガロドン。劇中では昔の海洋冒険小説の巨大ダコも出現して海水浴客達を襲う。サービス満載の映画でした。
 それにしても主役のジェイソン・ステイサムどんなアクション映画でもクールでタフガイ。今回もタフガイぶりを発揮していましたがそれに伴ってか他の出演者もタフでした。
 深海7600mの海底、メガロドンもうようよいるし、不気味な深海生物がいる中を特殊スーツで歩いたり果ては何か理屈をつけていましたが素のままで深海を泳ぐに至ってはぽかんと口を開けて見守るしかありませんでした。私が泳ぐわけじゃないしね。
 全ての巨大生物は深海から地上に現れた。例のトカゲも深海に生息していて地上に現れ人を襲う。昔のジョーズのように一頭だけではなくメガロドン沢山いるのです。なぜそんなになっちゃったかは映画で確認してください。これには金に目のくらんだ人間の悪役が関係しているのです。最後はこの悪役ども、お定まりの怪物共の餌になっていました。

深海の様子がちらりと映ってます。


暮らしの中の合気道

そうだったのか新弟子。。の巻

 誰かと言えば今回我が道場に修行に来るスリランカの兄妹、兄は9歳のころから柔道を稽古して有段者、空手も極真の4段を持っているという。妹さんも柔道初段、他の武道も習い有級者だという。ビザ申請に必要な彼らの素性。この上に合気道と居合道も習いたいという、たまさかうちの指導員は薩摩の天真正示現流兵法居合道3段だがこれを指導していいのかは居合道宗家にお尋ねしなければならないこと。流派の指導員でないものが人に教えるということがあってはならない。破門の対象です。実際、そのことで破門された人の顔写真が居合道場に張り出されているそうです。息子談。いずれにしろこうした経歴の稽古者が来ることは嬉しいことで、再び我が青春が始まる気がします
 今、主任指導員がビザ申請の労を取っていますが同時にひっきんの小金井市合気道連盟、演武大会へ向けての稽古、各所への連絡、手配、パンフレット作製にも忙しくしています。私がやっていたことを徐々に息子に移譲しています。いつ私が亡くなってもいいように。そのうち、我が妻が担当している経理もね。

暮らしの中の合気道

東京富士美術館。。の巻

 暑熱の中、行ってきました。片道、車で高速代450円なり50分、電車バスだと一人850円で90分かかる。ここから八王子行くなら明らかに高速のほうが安くて早い。
 さて、とことん魅せます、と言うことで魅せられてきました。写真の黎明期から現代まで。
DSC_3282.jpg
 記録媒体から芸術の領域まで昇華した写真。今では誰でもスマホで撮れるし動画さえ簡単に撮れる時代になったが先人の苦労は並大抵ではなかった。見て回るうちに気が付いたことは撮影可ということだが出品写真の量が多すぎて撮っていたら切りがない、と思いやめた。
 東京富士美術館は1年間改装ということでようやく今月から見られるようになりました。一新されていました。常設展示なども作品が増えたようで富士美術館は撮影可でSNSで広めてくださいと言っている。
 以前は出られなかったバルコニーに睡蓮の石の鉢が置いてありました。
何かと思ったら、モネの池の睡蓮の株を分けてもらい育てているとのことでした。どこだったか?同じく株分けして貰って育てている美術館があるのを思い出しました。調べたら大原美術館でした。水に浮いてる植物は浮葉植物と言うらしい。写真右隅に今朝がた花が咲いたと思える花弁があります。下の葉っぱの陰に青メダカがいます。
DSC_3283.jpg

この日も太陽が鬼のような熱線を放ってくる。。石のふちを触ったら熱い。夏の砂浜の熱さ。試みに水に指を入れたらぬるま湯になっていました。メダカちゃん大丈夫かな?悠々と泳いでいるからOKなんでしょう。睡蓮の葉陰は涼しいの?ヒメダカも泳いでいます。指入れたら寄ってきた。餌くれる人と間違えたかな。
DSC_3284.jpg

この後は寿司を頂いて帰りました。

暮らしの中の合気道
今月の無料体験は8/27(日)14:30~

よく聞いたら。。の巻

 午前中、次男とその嫁さんが来た。息子が急逝した医師であった義理の父親の墓参りに嫁を連れて行くという。場所は鎌倉霊園。「お父さんはいくつで亡くなったの?」と聞くと「33歳なんです。」という。お母さんが胎児(娘)が大きくて自然分娩では叶わん「帝王切開にして欲しい。」と訴えたら主治医の先生が優しい声で「大丈夫ですよ、これからですからね。」と言われたという。
 そして生まれたのが次男の嫁Aさん現在看護師。そのお母さんは現在某大学病院の看護婦長をしている。息子が昨日、彼女の父親の命日だと聞いて、じゃ、墓参に行こう、と決めたらしい。で、今日の出稽古は頼まれて私が行きました。
 さて明日は、八王子の東京富士美術館に久しぶりに行くじゃ。

暮らしの中の合気道
今月の無料体験は8/27(日)14:30~

さて、明日は、息子が墓参り。。の巻

  息子の嫁さんの父親、脳溢血で生まれたばかりの娘を確認することなく逝ってしまったらしい。
 明日、うちの息子にとっては義理の父さんの墓参りに行くという。男親としては娘が行く末久しく幸せでいて欲しいというのは当たり前のこと。我が娘にしてもしかり。

暮らしの中の合気道
今月の無料体験は8/27(日)14:30~

ついにスリランカ。。の巻

 1年以上メールをやり取りして、我が道場にも来た兄妹、スリランカに我が道場の協会を創りたいらしい。とにかく小山田道場の技を勉強して、軍、警察、学校のカリキュラムにしたい。そのためにはスリランカの女子高では女先生しか教えられないので妹(以前に我が道場に来ている)をお願いできますかと、メールが来た。金、かかるよとメールしたら、OKだってさ。やるしかない。
 いままで、海外との稽古はいろいろあったけど今回ほど責任を負うことはないかもしれない。
 将来的には私と息子をスリランカに招きたいらしいが、さて、私の寿命は?
 とりあえず私の仕事は息子に道場をバトンタッチすることです。

 暮らしの中の合気道
 今月の無料体験は8/27(日)14:30~