fc2ブログ

岸辺露伴ルーブルへ行く。。の巻

 映画を観ていたらどこかで見たような場所があった。そうです、先月行った次男が来月挙式予定のホテル、作中では「黒い絵」のオークション会場、ホテル・ニューグランドでした。
 山下公園を見下ろすロケーション。いつだったか母が「横浜に行くなら山下公園に行ってみたい。」「すぐそばだよ。」そんな会話をした記憶があります。
だから何?と言われればそれまで、知った場所が映画に映りこんでいるとなんか親近感がわくというだけの話。シン仮面ライダーの時は奥多摩がばっちり映りこんでいた。予告編でそれを見て映画を観ようと思ったのも事実。
 NHKのドラマで「岸辺露伴は動かない」シリーズを観ましたが面白かった。最近では「鶴瓶の家族に乾杯」で葉山の「加地邸」(露伴の家の設定の場所)を高橋一生氏が紹介していました。一生氏いわく「ドラマでは車で戸口から戸口」だったので葉山の町を歩いたことがない、とのことでした。
 加地邸は宿泊可能、おしゃれな佇まいです。

暮らしの中の合気道


結局、奥多摩つるつる温泉には。。の巻

  行かなかった。雨が降ってた今朝。嫁さんが映画「岸辺露伴ルーブルに行く」を見たいと言った。
 行きました、はるか昔ルーブルに行った記憶がある。この映画、ミケノ女神を置いてある階段とモナリザの置いてある展示室しか、しかも短く、映像として捉えてない。昔、何故、こんなガラスのピラミッドがあるのか理解できなかった記憶がある。映画ではあるかないか分からないルーブルの地下室で、つまりは江戸時代から続いた岸辺(露伴)家の怨念がおったという話。妻の感想、「面白かった。」私の感想、「ムっちゃ、眠かった。」
 またのんびりルーブル美術館に行ってみたい。一日じゃ回りきれない広さです。

暮らしの中の合気道

さて明日は、つるつる温泉、再度?。。の巻

 先週、あらゆることを忘れて行って、帰った、生涯青春の湯つるつる温泉、明日再び行って大奥多摩スタンプラリーのハンコ貰ってこようか。国保サービスも忘れずに。嫁さんを誘ったら「う~ん」だって。 明日、朝、誘ってみるけど行かないと言えば私一人で行ってくる。奥多摩名物、豆腐で仕上げた新作麻婆豆腐が美味かった辛かった。単品で麻婆、ご飯、味噌汁と選ぶ、これに浅漬け胡瓜を添えると絶品でした。これを食いに再び行ってみるか。

暮らしの中の合気道

そうか、怠け者でいい。。の巻

 合気道の師範として力を抜くのよ。と、指導していますが。最初からは無理よね。がんばれ、力を入れろって私すら合気道を始めたころ体の使い方と筋力がすべてだと思っていた。力の入れ方は筋トレなど当たり前のように流布されている。昔、レスリングの選手の話を聞いたことがある、何かといえば負けたのは筋肉で劣っていたから筋トレに励んだ。つまりは筋肉の理屈。
 私の今は違う。逆に筋肉のリラックスとそれに伴う平常心が強さを生むのです。
 でね、文学の世界で川端康成と三島由紀夫が、つまりは師匠と弟子、の間柄で語る良い加減さの話をyou tube で見つけた。見た感じ、川端康成は三島は何言ってんの?と見ていたが否定はしない。
それがこれ     私自身最近本は読まなくなった。

暮らしの中の合気道

母親と。。の巻

 今日は母親の買い物に付き合った。いつも行く銚子丸で次男と落ち合い寿司を美味しくいただきました。たまに会って話をしながら食事をするのは母も楽しいようです。息子はばあちゃんの買い物には付き合わないので別行動。帰りました。
 母親も91歳になるが食欲も大せいで元気そうだが神経痛で歩けなくなる時があるという。心配であるが我が家は構造的に3階建てで階段があり足の悪い母には住めないし部屋もない。現在、母はバリヤーフリーの自宅に住んでいるが外で転んだりするらしい。誰かが言っていました、70代はつまずいて転び90代は立っているだけで転ぶ、と。
 とりあえずは母の家の隣が弟の自宅なので何とか目を配ってもらっている。
 買い物も重いものは今日のように付き添わないといけない。まだ頭も健在で歩いていますが歩けなくなったらどおしよう。生きている限り何らかの心配、不安はついて回る。

暮らしの中の合気道
 



 

そぼ降る雨。。の巻

 先日、つるつる温泉に行って来た。間抜けな話で国保の温泉サービス券持っていくのを忘れた上に大多摩温泉スタンプラリー持って行ったのにハンコ貰うの忘れた。
 なんてこった!!気持ち良く忘れてた( ´∀` )
 パシャパシャ雨に打たれながら露天風呂に浸かっていると植え込みから蛙の声が響いた。
カッカ、カッカと大きな声。こちらは温泉でまったりカエルは葉陰で雨が気持ち良いのかよく啼く。
 蛙と一緒だと思うと何か可笑しかった。
 子供が小学生の頃から来て小鳥の声は良く聞くけど蛙の声は初めて聴いた。その子供たちもすでに三十路になっている。

暮らしの中の合気道

ガーディアンズ。。の巻

 観てきました。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 銀河の守護者。アナグマと言われて違うと言い張る生き物名前はロケットは狸かなと思ていましたがアライグマだと最後に分かった。
 樹木型ヒューマノイド、グルート こいつ頭えぐれてる。敵に絡みついて絞め殺すのはまるで藤の花と同じ。念力を使う犬が出ていました。
 はらはらドキドキ涙あり、とにかくあれもこれもぶち込んだ闇鍋みたいな様相の映画でした。話としては自らの世界を創造したい帝王とそうはさせじと抵抗するガーディアンズとの戦い。帝王は生物の遺伝子操作から別次元の生物を作ることに執着しアライグマ名前はロケットに目を付ける。その脳の遺伝子情報から新生物を作ろうとする、ありとあらゆる動物を集め実験動物として虐待していた。
 最後に全ての動物は解放されて帝王は死に大団円を迎える。そんなお話でした。
宇宙空間でのアクション場面が凄い。迫力があります。まだ観てない方は是非ご覧ください。

暮らしの中の合気道


家のメンテナンス。。の巻

 10年も経てば人と同じで至る所痛んでくる。北側の壁が黒くくすんでいる。次男が外壁塗り直したら、と言うので早速、小平商工会に塗装業者がいないか調べました。いましたので見積もりを出してもらった。巻尺でざっと計ったようですが素人目に見ても正確じゃないよな、という感想です。屋根もやらないといけません、と言われました。そんな折に新聞広告にあった外装塗装の講習会のチラシ。早速行ってきました。目から鱗が落ちるという表現がありますが知らないということは騙されるということです。
何故こうした講習会を開くのかという話から始まりまっとうな施工の仕方、方法などのレクチャーを2時間かけて受けました。
 まず、塗装業界では施工後のトラブルが多いそうです。家を建てるには建築法に基づいた設計図をしかるべき役所に出して許可を得なければ建てられませんが塗装業界にはそもそも基準となる法律が無いので悪徳業者はやりたい放題?らしいです。そうした悪徳業者を締め出すためにも知識を持ってほしいということで講座を開いているとのことでした。
 ではきちんとした業者とは、頼めば事前に外壁、屋根瓦、破風などの写真を撮ってここにヒビがカビが亀裂があるなど説明してくれる業者は信用できるようです。尚且つその位置状況も分かりやすいように動画も添えてくれるならベストだそうです。そして何よりも私も知りませんでしたが自分の家の外壁と屋根の面積、これを知ることが大事。これですべての材料、例えばペンキが何缶必要なのかが算出できるのです。大体、普通の業者だと目分量で面積を出しそれをもとに材料を仕入れます。場合によってはペンキが足りなくなる、するとどうするか、薄めるのです。ペンキの種類でその性能、1㎡あたりに使うペンキの量、下塗り中塗り上塗り、そしてそれらに必要な乾燥時間はペンキを制作している会社ごとに定められていて、その通りに使ってもらえればペンキの性能が発揮されて10~15年は今後持ちますよ、となるわけですが5~6年で不具合が出た場合、例えば雨漏り、使用方法がその限りではなかったということになりますが始末に負えないのは一度ペンキを塗ってしまうと元の状態が分からなくなるということ。専門家でもどう修復してよいのか不明になるということでした。
 さてそこで家の面積、業者の中には面積が分からねば家の坪数を聞いてくる者もいるようです。自分の家の坪数なら誰でも知っているので答えられる。でも皆さんホントに坪数で面積が出せます。家の形状で面積が決まるわけで地べたに塗装するわけもない。しかも中には目算でペンキを塗る必要のない窓なども大雑把に含めてしまうことも多いようです。
 実際の面積を知りたければCADというソフトに家の設計図から必要な寸法を入力すると窓面積を除いた正確な面積が出せるようです。
 この講習に参加した人には無料でCADを出しますよと言われ後日ご足労頂き設計図のコピー同時に外壁、屋根の状態、動画も取って頂きました。正確な面積を知ることができました。そして現在の状態も知ることができました。
 先に見積もりを取った業者とは80㎡以上違いがありました。
見積もりを数件とるにしてもCADで算出しない限り見積もり面積はそれぞれ異なります。
今年はいろいろ事情もあるので来年外装をこの会社に頼もうと思っています。
1年経てば状態も変わるだろうから再度調べさせてくださいと言うことでした。
面積は変わらない。

暮らしの中の合気道
合気道   小山田道場

海外からのオファー。。の巻

 スリランカからあらためてありましたオファー、二カ月間、私の道場で合気道と剣を学びたいとありました。OKするしかないでしょう去年から言われていたことなので。主任指導委員に稽古予定表を作成するように伝えます。スリランカのY氏、警察、軍隊に指導するつもりのようです。簡単じゃないんですが、私が指導する、いわゆる合気がわかれば何とかなるでしょう。訓練は厳しくすればいいとは限らない。こんなこと言ったら怒られるけど、要領なんです。つまりある程度の才能。あるや、ナシや?

暮らしの中の合気道