fc2ブログ

今日は。。小菅の巻。

 小菅と言ってもかつての戦犯(戦争犯罪人と、言うがこれは連合国軍側の言いよう)を収容した刑務所、巣鴨の現、東京サンシャイン、東池袋中央公園ではありません。
 山梨県小菅村、私は村の1/2村人、ジャによって温泉の入浴料も少しまかる。物産館では何もしなくてもカードをかざしてぴッとするだけでポイントたまる。それはさておき。。
 私好みの湯に浸り空を仰げばまだ夏模様、少年時代の夏休みが青空に浮かぶ白い雲になって過ぎていく。雲の様々な変化が面白い。誰もが持っている空の記憶。実にハレバレ爽やかな気分でした。その後食した小菅村産直の夏野菜カリー旨カリータ。
 水も美味かった。風呂上がりで三杯飲みました。

暮しの中の空と雲

今日は撮影。。の巻。

 合気道小山田道場では第二回目のYouTube演武を予定している。
 今日は色々撮った。
 失敗した映像も含めて使えそうな映像は道場の記録として残すよう指導員の息子に言った。
 人生の記録として我が道場に携わっていただいた稽古生と私との演武映像を残したい。
 そうか、これからも稽古中に映像を撮ればいいのだと気がついた。
 第二回目小山田道場のオンラインに乞うご期待
 
暮しのなかの仲間

パラリンピック。。の巻。

 今回は江戸時代の視覚障碍者をお江戸youtuberのホーリーさんが紹介してくれます。
 座頭市の居合技なら武道界の話だけど、按摩業もこなすのは当時の座頭の位。
 座頭市の面白さは正業の按摩はもとより、居合の達人で、サイコロは耳で聴き分ける博打ち、目明きよりも見えているというところが小説家、子母澤寛の生んだ主人公の面白さ。
 座頭市のはやった当時、アメリカにも日本映画として輸出された。当時アメリカで差別対象の黒人達が座頭市の活躍に熱狂したと聞いたことがある。
 現代、差別の対象はどこにも存在しない。そう思いたい。
 でね、唐突にヘレンケラー女史のことだけど、世界でミラクルと言われているのはヘレンケラー女史を育てたタリバン先生なの。日本ではもちろん努力の人としてヘレンケラー女史に注目が集まるけど見方って違うものだとつい先ごろ知りました。 
 なぜこれを書くかと言えばヘレンケラー女史が励まされた江戸時代の日本人障害者の話が次に載せるお江戸YouTuberホーリーさんにあるからです。


暮しのなかの障害


 
 

普通ということ。。の巻。

 中国発祥ウイルスで世界が最悪の時代、さらには世界のPoliceを自負していたアメリカがアフガンからの撤退。挙句、アフガニスタンはテロ組織の軍門に下り中国はそのタリバンと国境問題で上手くやろうとしている。また、米軍がアフガンから引き揚げる,そのタイミングでさらに中国は台湾に対して米国はあてにならんと脅しをかける。 
 バイデンさんどーするん?確かに自国民(軍人)を守るのが今優先として。。当たり前の発想。
 菅ちゃん、どーする。 
 自衛隊が日本人、そして友好的なアフガン人を保護活動もせず、ただ「避難民」は自力で空港まで来いは、無理じゃ。
 これらのやりとり、背筋が寒くなります。
 これからどれだけの人々がさらに死ぬのやら。
 ま、死は自然界の、生と同様、必然だから良い? 
 人々が願っているのは、普通に生まれて、普通に死ぬ。 この普通と言う語の難しさ。

暮しのなかの普通

技は心の有りよう。。の巻。

 久しぶりに道場での様子を書く。技は人それぞれの動きだが大切なのはその本人の心の持ち方、それが技となる。最近はとにかくぶつからない稽古を主導する。触れるだけのように応じてもビックリするくらい技は成立する。それを実際、示してみせるのが指導者の一つの側面。
 実は皆さんの稽古を指導していますが、私自身の稽古でもあるのです。
 最近の私の技も変わりました。

暮しのなかの変化

コロナで死にたくない。。母の希望の巻

 私の敬愛する叔母、母の姉の葬儀、すでに信州の身内でコロナ葬儀が執り行われた。
 来月、連れって行って欲しいとは母の希望。。日帰りにしてほしいと言う。
 よござんす。日にちを決めた。母の手には叔母の写真がしわしわになるほどに握られていた。
 信州から母へ送られた随分大きなプラムをいただいた。
 DSC_1053.jpg我が家では一人当たり4個分頂きました。

暮しのなかの葬儀


さてもいつもの。。習慣の巻。

 コロナの時代、こっそり短い旅に出たのが先週、夏休みの初めだが、家に帰ってきたらその後、時間が過ぎるのが早い。あっという間に夏休み終了。
 朝は6時頃目覚めてNHKの放送を聞きながら、場合によっては深酒の影響でまた寝落ちる。いずれにせよ、朝のその時間帯には目覚めて一日の活動が始まる。
 酸性の体を中和するBlack coffeeを飲み。
 朝稽古の有る日は稽古して、疲れるとまた寝ちまう。覚めてれば本など読んで目が疲れると目をつむり場合によっては朗読劇を聞きながらいつしか寝てしまう。
 つまりは寝てばかりいる年老いた愛犬チーちゃんと同じ。年取ると寝てばかり。そのうち永遠の眠りにつく。楽しみじゃ。さて寝るか、おやすみなさい。

暮しのなかの睡眠
合気道小山田道場