fc2ブログ

野良猫ラブ。。の巻。

久しぶりにラブに会った。誰が鈴を付けたんだろう?
DSC_0885.jpg

ラブちゃん私に抱っこされても暴れない。
DSC_0886.jpg

珍しくベンチで朝飯。近くには野良猫カメもいました。カメの入院費、四日間入院して5万と幾らかとYさんが言っていました。自宅でも野良が住み着いて結局飼い猫になった猫好きのおばちゃん、よく野良にそんな大金払うよね。いずれ、おばちゃんに寄付しようと思います。DSC_0887.jpg
それ、ラブちゃん皆に見られてるよ。

暮しの中の野良私

野良猫。。の巻。

 死んでしまうかと思っていた野良猫カメが元気に戻ってきた。チョイとかまったら前足でちょいちょい反応してました。同じく、野良猫のラブ、そういわれてる。今朝、抱っこしたらジッと私の目を見た。他の人に言わせれば抱っこさせないそうですが、私には嫌がる風はない。いつもの公園の鳩でさえ私の手の平に止まって、ちょいと貰った野良猫カメの餌をついばむ。
 私は人間嫌いだが、人以外の動物には好かれるようだ。

暮しのなかの人間

最近。。の巻。

 良かった!野良猫カメ、退院。熱も下がり放免されるが、1週間後にまた来院してくださいと言われたらしい。いくらか寄付するかな?動物は保険がきかないから治療費がバカ高い。うちのチーちゃんも同じく。なんにせよまた野良猫カメと会えるのは嬉しい。

そして最近の近隣国。個人の付き合いも国の付き合いも個人感情の総意、でも嘘で批判するのは駄目だよね。世の中、個人同士でも嘘で批判するたぐいの馬鹿な人種もいますが無視するしかない。私個人は南朝鮮に来て欲しいとは思っていません。
連中は来て欲しいと思われているのかい?


暮しのなかの憂鬱

さて書くか。。の巻。

 ということで、道志道からそれて橋を渡りしばらく山の中を川に沿いながら走る。
すると左手高台に道志の湯が現れる。車中からは建物を視認できず第二駐車場という看板を見て行き過ぎたと気付き10m程引き返した。
ここが入口。
DSC_0846.jpg

玄関 打ちかけて薄汚れた石の看板というよりも石碑です。 洗えばいいのに、と思いました。
建物は無くなってもこの石は1000年は立ち続けることでしょう。お風呂はぬるめでまったり。熱めの浴槽が家風呂くらいの大きさで42℃弱。そんなに熱くはない。内風呂が縦横2mか5m位この湯が人肌、長く浸れる。露天風呂が内風呂と家庭風呂の中間でした。露天風呂からは川沿いにピクニックをする多分、夫婦が寝そべっていました。日がな一日川沿いに寝そべっているのも悪くない。
 40分程の入浴でしたが出た後、10分以上汗が止まらなかった。体重計に乗ると600g程減っていました。も少し長湯すれば800g~1㎏は減ります。人の体は水でできています。
DSC_0845.jpg

 風呂から出るとそばつゆの良い香り。昼は蕎麦にしようと即決。鰻、焼き鳥は臭いで誘うと言いますが私が子供の頃の蕎麦屋さん「そばつゆ」の良い香りが漂っていた記憶がある。
 七味を振りかけたので多少ゴミっぽさが写っています。山菜稲荷も丁度良い酢飯で美味かった。ここの板場は近くの主婦が立っているようです。ちなみに私の今日の昼は🍄きのこ、椎茸、えのき、ブナシメジ、エリンギ、ワカメを足して出し汁(麺つゆ、和風だしの素、隠し味に創味シャンタン)を作って🍄きのこ蕎麦を調理しました。最後に万能ねぎを散らして食ったら、あなた、絶品でした。
 息子が混ぜうどんを食いながら見ていました。スープはまだあるので🍄パスタにしようかと思案中。
DSC_0844.jpg

話がそれた。道志の湯から山中湖への途中にある「道の駅どうしは」帰りに寄ろうということで一路413号をひた走る。

山中湖畔からの今日の男富士。何故、男富士かと言えば左右の峰を💪力こぶに見立てた言いようです。ちなみに右のこぶが一番古く左のこぶが一番新しいようです。
 何はともあれ途中雨もパラつきどんよりしてますが姿を現してくれました。帰るころには雲で見えなくなりました。山中湖を一周して帰る予定。
DSC_0847.jpg

湖畔に沿って軽快に愛車のスイスポを走らせていると道志の湯でもらった割引券、KABA BUSヒョイと右手を見ると「森の駅、カババス乗り場」とある。行くか、ということで時刻を確かめるべく駅内2F受付カウンターで「次は何時ですか?」と日本語で問うと即座に「次が最終で2分後です。」といらへり。Hoosh!運がイイ?ジャ乗ろうかということで他2家族との旅となりました。

森の駅からの富士山。小平から見える富士とはスケールが違う。しばらく見ないうちにだいぶ雪が解けて禿げてきました。
DSC_0852.jpg

カババス 水陸両用。1合~4号まであるそうです。このバスは最新型の4号バス。山中湖畔では3号車を除いて運航しているとのこと。では3号車はどこにあるかと言えば「お台場」だそうです。水陸両用車普通に高速も乗れて大型バスと同じサイズ。普通に時速100kmは出せるそうですが見るからに安定感悪そうです。水上ではこの大型バス感がしっかり小型ボートでした。
 カバは体型が妊婦の姿に似ていることからアフリカはカバの生息地域では安産の守護神だそうです。日本だと多産の犬が安産の守護神。国地域は変われど人の気持ちは同じ。
DSC_0871.jpg

車内もカバさん。間違い探しになってたら面白いかな?
DSC_0856.jpg

水陸両用バスからの眺め
DSC_0862.jpg

どのようにここまで至ったか動画で確認しよう。
釣り人もいい迷惑?でも手を振ってくれました。私も振り返しました。

この時期は白鳥は子育て中。山中湖にだけ白鳥は生息するようです。そういえば以前来た時も白鳥が沢山いました。今日はその場所とは違うので一羽のみ、しかも子白鳥が3羽のお母さんでした。最初、餌を投げても来ないので変だと思いよくよく観察すると子供がいたのです。しかもなおかつ、湖に注ぐ水路に入って行くので変だと思ったら子白鳥をそこで養っていたのです。浅瀬で大きな波も来ない。その家族に餌を投げてやると首を伸ばして食べていました。小白鳥も浅瀬を泳ぎながら水面から餌を拾って食べていました。人に慣れているので逃げない。というか餌付けされているので半ば家畜同様かな?
DSC_0875.jpg

白鳥の家族を覗く不審者?餌を投げています。
DSC_0872.jpg

さて、山中湖一周の続き。ここからすぐのところが一周の起点でした。もうほとんど一周しかけていたのです。調べたら山中湖一周は車で30分、な~んだ。懸案の「道の駅どうし」
アップルパイとポテトパイ、コーヒーのおやつ。生地のバターが多すぎ?手がべたべたになりましたが美味しかった。
DSC_0879.jpg

かっぱ橋 何の変哲もない橋です。河原では子供たちが遊んでいました。一番多感な時期を巣ごもり状態というのは可哀そうです。ゆとり世代に弊害が出たように中国製Covid19世代の未来にも弊害が出るかもしれない。ひどい話ではある。
DSC_0877.jpg

そして久しぶりに購入した濁酒。ちびちびやってます。
DSC_0881.jpg

暮しのなかの濁酒



疲れたよ。。の巻。

 行ってきました。道志村。
 中央道から相模原市を抜けて413号線=道志道をうねうね辿ってきました。アニメ=その題名が「スーパーカブ」舞台は山梨県北杜市に住む女子高生のスーパーカブを巡ってのお話。これが意外と爺にも面白い。カブの聖地まで誕生する。そのアニメにも道志村という標識が出て来る。さらにはYouTubeで女子のモトブロガーの動画を見ると結構、道志村に出かけるブログが載っている。
 今まで道志という標識は山梨方面で見てはいたが行ったことはなかった。でね、行ってみてわかった。道のうねうねがバイク乗りを呼ぶんだって。今日は沢山バイクも走っていた。ということは?車も県外から結構来てた。バイクは原付二種が多かった気がする。アニメの影響か。確かにアニメもモトブロも見てるとまたバイクに乗りてーって思っちゃうのです。そのわくわくする思っちゃう感がいいのです。実際の所は必要ないのは分かっています。冬は寒くて乗らない、夏は暑くて乗らない、雨の日濡れたくない、坂道発進も車以上に緊張する。なんせバイクはコケるから。砂利道は嫌だ。マンホールの蓋は特に雨の時に滑る。ということで乗らなくなる。
 今の時代はバイクも進化してAT車もあり、グリップヒーターやら電熱スーツなどもありますが基本、体を外気にさらすという本質は変わらない。それがイイというのも分かっています。風になれるって。 
 しかしバイクに乗らなくなった原因が事故だったという過去があり,わくわく感だけで良いのです。
 さて、小旅行の顛末は次回。

暮しの中のわくわく


 

久しぶりに。。の巻。

 県境を跨いで温泉場に行った。私の家から30分位。東京都に属するお湯は全て休館なので行った先は埼玉新座。ナナナント駐車場には今まで見たこともない数の車。ゲゲゲの鬼太郎。むちゃ込んでるか?一瞬、帰ろうかと思いましたが、皆が全部風呂にいるわけでは無かろうと思いなして入館。
 いました、おじさん、老人、私。みな男ばかり。男湯だから仕方ない。久しぶりにほおッとした時間を過ごした。
 来週、山梨は道志の湯に行こうと思っています。山中湖も近いので寄ろうか?という気分です。

暮しの中秘かな旅

ついに来た。。の巻。

 コロナ接種券。予約がなかなか取れないらしい。そもそも打とうか打つまいかと思案する。何故なら今までインフルエンザワクチンは家の誰も打ったことないが全員掛からずにいる。そういえば家の一族でインフルにかかったという話は聞いたことが無い。この先はどうか分からないが今までの生活で罹患しなければ今までの生活を維持していけばいいかなとも思う。
 インフルワクチンは今後も打たないが「コロナは打っといた方が良いよ。」と妻が言うのでそうしようか。6月3日が予約日となっている。パソコンで予約しようと思うが繋がるかな?

暮しのなかの予防