fc2ブログ

今日。。TVを見ていたら。。の巻。

 ナント、NHK第二体操を放映していた。思わず画面のおねいちゃんと一緒に動きました。
 子供の頃の神田、夏休み、近所の常盤公園、行って第一体操よし。ハンコを貰って、皆勤賞となれば表紙に虫の写真ノートが貰えた。
 キモイということで昆虫の表紙を拒否る親が十数年前からいてその表紙もなくなったと聞いている。虫のどこが気持ち悪いか私には理解できません。ゴキブリにしても触ればひんやりツベツべして気持ちいい。皆さん!!
 小学生当時、古い家屋に住んでいて思ったことはゴキブリってすばしこい、と思っていたがある時から、何もたもたしてるんだという印象になり、現在の家では見ることもない。数年前古い家屋の解体が隣であり、うちの植木鉢の陰で家鼠が死んでいました。悲しい😢
 ゴキブリも鼠もそして人も住みにくい世の中になりました。
 NHK体操と繋がったのがゴキとネズか?

暮しのなかの体操
合気道小山田道場

どっか。。飯。。の巻。

 ということでお気に入り、小平の哲麺に行った。はじめてチャーハンを頼んだ。麺は硬め塩味長崎ラーメン。美味かった。このお店は基本安い。最近は志那ソバもやっている。息子は食ったようだが私はまだ食わん。炒飯さえ今日が初めて。マア、美味かった。志那ソバは次回。
 最初の麺はかため、次の替え玉麺がバリかた、これが私の定番でしたが今日は、かため、まで。チャーハン食ったからね。
 
暮しのなかの飯屋

連休初日の天気が。。の巻。

 緊急事態のお陰様で連休初日からの二泊三日の房総半島周遊旅を諦めたがナニやら天候が不順になるようだ。その意味では緊急事態がsave money?雨も好きだから雨のドライブも悪くない?公共施設は全て休業、温泉場もしかり。我が家のお風呂でまったりするしかない。それも良き哉。

暮しの中の楽しみ

ついに第三の緊急事態。。の巻。

 何やらインド型のcovid19が出現したとニュースで流れている。もはや初期のウイルスとは似ても似つかない化け物に変容しているのだということは素人にも理解できる。しかし、何故短期間で変異していくのか理解できない。地球上の生物は数億年の時間をかけて進化を遂げてきた。それがこいつら目に見えぬ魔界の生き物?は人から人へ瞬間移動のように変化しながら増殖する。取り付く宿主が無ければ数日で感染力は衰えるという。だから戦争中日本が空爆にさらされた時代のように防空壕に非難せよということになる。ただし当時の生活も空爆で一時途切れることはあっても営みは続けられた。当時の新聞に「何々中学の入学試験は空襲のため延期」とあるのを見た時、ああ、普通に生活はあるんだとあらためて知った盆暗な私でした。
 台湾も含めイスラエルなども対応が早かった。以前イスラエルの知人から、イスラエルでは18歳になれば男は3年、女も2年兵役の義務がある、と聞いた。イスラエルの街中にはいざという時には武器弾薬防毒マスクを貯蔵した倉庫が建てられていて男女問わず武器が扱える国民皆兵の国。男は皆勇敢な戦車兵、軍役を終える頃には戦車長軍曹になるということです。
 その話を聞いて距離500m位のビルを指さして「あれ位の距離は撃てるんだ。」と戯れに問うと「軍用ライフルは約800mの射程があるからあの距離なら当たる。当てられたい?」と真顔で言われた時はゾッとしました。
 日頃から戦う意識の差はcovid19の対処にも表れていると思う。ウイルスを毒ガス、化学、細菌兵器に置き換えれば良いだけ。
 中国の武漢で発生した禍がここまでになるとは。。(*_*;げに恐ろしきはcovid19かな。

暮しのなかの危機感



やれやれだぜ。。の巻。

 結句、房総半島の旅行のホテルは全てキャンセル。
 車中泊仕様で何処にでも行けるなら感染症時代の旅行も良いかもしれない。つまり、車中泊旅行がこれから主流になる?実際、息子は軽自動車ながら車中泊ができる車を選択していた。そして実行。
 昭和の爺と婆は旅行=美味しい旅館、あるいは美味しい飯は外で、安いゲストハウスが最近。いずれにしても車中泊は考えないが、これから車中泊仕様のリーズナブルな車が出現するなら考えなくもない。感染症対策、移動手段としての車はあり得る。

暮らしのなかの車

日本領土の土地が何故。。外国に買われるのか。。の巻。

 以前から不思議、あり得ないだろうと思っていたこと。立憲民主党はオカシイとは思っていたがやっぱり異常だった。小平にも立憲の国会議員がいてうちにも訪ねてきたことがあります。今朝も自転車で自らの名前を記した幟を立てて走っていましたが。何も言うことなくただそれだけ。それで以下のyoutube

 
暮しのなかの正義

そうか今は。。の巻。

 孫の百花の動画を長男が送ってくる。長男が生まれた時の顔にそっくり。遺伝とはこういうものかと思う次第。将来は美人になることでしょう。それも爺の遺伝子を引き継ぐからに他ならない。とはいうものの、どの家系でも人類が誕生してからの遺伝子を受け継いでいる。げに恐ろしきは生物の歴史。人類が絶滅するのはいつの日かや?

暮しのなかの遺伝

とりあえず行く。。の巻。

 ゴールデンウィーク前半には房総半島にいく予定です。今の感染状況を鑑みてどうしようと考えますが基本、行く。
 さて、長男が生まれたばかりの孫の写真を郵送してきました。今の時代、手に触れる写真は珍しい。写真を見ると長男が赤子の頃とそっくり。娘は親父に似る?私に似た長女は運よく美人です。長男に似た孫はどうなることやら楽しみです。

暮らしのなかの孫