FC2ブログ

今日のお尋ねメールで。。

  ある中学生から部活で柔道やっていますが三船十段が創始した「空気投げ」という技が中学の部活ではできません、というメールがありました。
 多分柔道顧問の先生が知らない?だからそれを知りたいので合気道の道場に通いたいとメール。
 実は私、小学生の頃、三船十段と水道橋の講道館で稽古を付けて頂いたことがあります。ちっこいじーさんくらいの印象でしたが、若手の指導員が続けざまにかかっていくんだけどこの爺にかなわない。
 子供の私にはヒョイと背負い投げなどすると「君は背負い投げが得意なんだね」褒めてくれる。褒められるとまた、背負い投げ。三船十段そのたびに受け身を軽やかに取ってくれる。
 講道館の思い出。
 三船十段の「空気投げ」とはそもそも足腰を力まず投げられる工夫はないかという発想から生まれた技。その辺は合気道が得意。今のような筋力に頼るスポーツ武道と異なる。
 皆仲よくなるのが本来の日本の武道。

暮しのなかの武道