FC2ブログ

還暦過ぎたら。。

 隠居という図式は昭和時代までの日本人の生き方のパターンだった。年金支給65歳以後となってからは隠居という単語は死語。そして今、生きている限り生産活動をしなければならない時代になった。
 さらに武漢コロナ肺炎ウイルス蔓延が追い打ちで日本国中が逼塞、閉塞している。国会中継を昨日、今日と(トランプゲームをしながら)見ていたが安倍首相も青色と息で、自らしている安倍のマスクもいじらしい。
 蓮舫議員が質問終了間際に麻生太郎副大臣が安倍のマスクではなく立派な灰色の大型マスクをしているのを見て「なぜ、安倍のマスクじゃないんですか?」と問うと「まだ家に届いてないから。」と答えていた。すかさず蓮舫議員が「国会議員の分はすでに議員会館に届いていますよ。」と応答。
 そう言えば議員の誰一人として首相を除き、中途半端な安倍のマスクはしていない。
 蓮舫議員の「どうせあんたは全てに無関心なんだから。」と言うつぶやきがマイクに入っていたのも、あ、これって女のセリフだよな、と妙に可笑しかった。
 Twitterで埼玉県春日部市に住む太田裕美さんが国からのマスクが届きました、とつぶやいていましたが私の住む東京都小平市にはまだです。
 国会中継は見ていると面白い。

暮しの中のつぶやき

合気道の道場なので。。

 今日は合気道独特のパターン後ろ技。こんなコトを言うと怒られますが、人を襲う簡単な方法は複数で後ろから襲うのが効率的で楽です。幕末の新選組はこういった、いわゆる謀略的な殺人集団だったし薩摩の示現流はあのチェースットーの掛け声とともに戦場では5人一組で一人を襲った。効率的。
と、いうことで合気道の後ろ技、一人が後ろから襲う相手を捕まえたと思ってください。周りには別の敵がいます。掴まれている両手の振りかぶりから掴んでいる相手の側面へすり抜ける動きは別の敵が正面からの攻撃をしてくるその動きを実は掴んでいる本人に受けさせています。
この辺のイメージをを理解して稽古しないと、せっかく残っている型が形骸化します。
型稽古は形骸化させてはいけません。先人の残してくれた意味ある形なのです。型には人の持つ心理的な側面をも含まれています。それを稽古する。温故知新。


暮しのなかの合気道

One of 合気道。。

 指導員の座興で合気道小山田道場のyoutubeにこんな動画が投稿されていました。
終末動作(2)という基本動作、実際には前後への動きだけですが角度をつけることにより方向が変わり、技としては四方投げという合気道独特の投げ技になります。四方投げの由来は四方八方に投げ分ける、という意味です。

角度の問題で合わせて360度の倍数になれば元へ戻ります。
動画に出て来る道場印を仰ぐポメラニアンは道場犬チーちゃんがモデル。

暮しのなかの合気道

朝、痛みは突然に。。

 今まで木の椅子を使っていたところをスプリングの入った椅子に替えてみた。初めは柔らかく心地良い気がしたが錯覚だった。柔らかさの上で体の中心を支える筋肉に負担を強いた。3日目の朝、腰に痛みを感じた。魔女の一撃、起き上がるのに苦労する。
 チーちゃんとの朝散歩の後、直ちに木の椅子に戻した。
 ぎっくり腰の痛みはすぐには消えまい。動物用消炎鎮痛剤アンドレス軟膏を痛み周辺に塗布した。コルセットで腹筋を支えながらしばらくはイててな生活を強いられるだろう。 
 今だから寝てれば良いわさ。。

暮しのなかの腰痛

近所の火事。。

 様子を見てきた。母親も実家も無事だった。昨日の小金井の火事はあらためてニュースで見るとかなり大きかったようです。7棟の家が被害を受けた。一人死亡、3人けがとありましたが亡くなった方は多分、わたしが実家に住まいしていた頃近所で会っていたと思います。親しくはなかったけど。でもこんな形で亡くなるとは胸の痛むことです。今日は現場検証。
 実家を見舞ったその足で、チーちゃんを自転車籠に載せて、小金井公園を散歩。
 公園近くで知り合いに会いました。曰く、火事の臭いがこの辺まで来た由。この辺というのは五日市街道沿いのかつては行列のできるお店で知られていたステーキWood stockあたり。そう言えばこのお店もボヤ騒ぎで閉店しましたっけ。火事は怖い。
 天気はピーカンなのにナンか暗い気持ちの自転車散歩になってしまいました。小金井公園内はひろびろ、気持ちが良かった、でも人出は少ない。

暮らしのなかの火事

運も。。風任せ。。

 湯をたいて朝風呂。シッカリ垢をこそげてピンク色の肌になりました。スマホのゲームアプリで間違い探し、ジグソーパズル。そうだ昨晩、第61次南極大陸の女性隊員のTwitterにさすがにコロナは無いですよね?と問うと、曰く、昨年11月に豪州到着、12月に南極到着後、ここには誰も来ませんのでコロナはありません。世界で唯一コロナのいない大陸です、とお返事がありました。南極の気温は極めて低温なのでヘタな細菌は生きられないとどこかで聞いたことがあります。風邪をひいて南極に行ってもすぐ治ると。。環境が細菌にも厳しい、ウイルスにはどうか知らないけど。。でもそこで生き延びている生物もいる。
 厳しいと言えば今日の風は穏やかではなかった。でね、義理の姉から☎あり。小金井の私の実家付近で火事があったと。母親には連絡が付かないので、実家の裏にいる弟に電話したら、なんとナント、実家から一つ斜め前のお家が全焼とのこと、実弟曰く、屋根まで落ちて、びっくらこいた。風向きが逆だったら近隣が全て燃えたでしょう。火事を出した家は角地にあり細い道路に挟まれている。その結果、向かいの教会を含めて燃え広がらなかったようです。
 運も。。風任せ。。明日様子を見に行こうかな。

暮らしのなかの風
 

初体験。。

 と、いうとはるか昔、イやらしいことを想像していましたが今は普通の日本語。
 さて、何かというと、朝散歩で会う、ふうてんの猫ひと呼んで亀を撫ぜナゼしたらニャ~と声を出した。こいつと知り合って数年たつが初めてのこと。NHKのチコちゃんに叱られる、ボーっと生きてんじゃねーよ(Don't sleep through life)で「なぜ猫はニャーとなく?」という問いかけがありました。答えは、世話をしてほしい親猫への呼びかけ。成猫になるとニャーとは発声せずただ無言になる。
 ふうてんの猫ひと呼んで亀は1週間くらい前にはかすれた、たどたどしい、殆ど聞き取れないような音で、 ニャ。。あ、にゃ。。。あ ニャ。。という仕草がありました。喉はゴロゴロ音を立てお気に入りのサイン。
 今朝はハッキリ、朝の鳥のさえずり位の声音でした。ただし、ひとなき。
 餌くれるおばさんにはニャ~とは言わないのに、何故かふうてんの猫ひと呼んで亀に気に入られました。 ああ。。Do sleep through life の毎日です。

暮らしのなかの猫
 

一人稽古。。

  指導員との稽古もしばらくやめよう。ということで道場で何をしているか。別に場所はどこでもよいのですが、自らの身体の可動域を再確認しています。ストレッチ、OK。杖を使って手首の動き、同様に剣を使って肩甲骨の確認など。足踏み昇降台があるので膝に無理なく朝ドラ見ながらフミフミ。後は腸腰筋への刺激。道場でのshadow合気道、相手を想定しての足の運び腕のあり様を確認。長い時間ではありませんが常に自らの中心線を意識します。
 楽に動いて後はチーちゃんと一緒に寝ています。運動は小分けで良いのです。

暮しのなかの合気道

ごく個人的な、車のお話。。

  youtubeでスイフトスポーツのラリー仕様のレース動画を見つけた。
 スイスポは私の人生の、多分、最後になる車と位置付けています。今まで乗った車の中ではホントに良い車です。もっと金をかければ大排気量の良さげな車もありますが、違う、時速100Kmまで6秒強、速度は普通にアクセルを踏んで時速180Kmは越えます。カタログ値の140馬力より実際には150馬力を超えるらしい、民間車検場調べ。トルクは23.4.グンと頭を持って行かれます。youtubeにもいわゆる高級車との比較が載っていましたがそれ程、遜色はない。国産の値段の高い高級車よりも速くてしかも乗り心地も良い。車へのショックを変えるサスペンションは容易に自分で変えられる仕組みになっている。コンピューターの書き換えもディーラー(場所による)、民間車検場で問題なく可能。
 燃費も良い。カタログ値16.2Km/Lだけど高速などの一定走行だと20Km/L は越える。山道の下りなどは30Km/Lを超える。今までカタログ値を超える燃費メーターを見たことが無い。
 転がりが良い分ブレーキはめっちゃ良く効く。急ブレーキ時にはハザードがパッパッパッと点滅します。ファミリーカーとして荷室も広がった使える車の一台です。
PS:我が家にはスティングレー・ターボもあり息子が乗ってます。




暮らしのなかの車

トリニタッド・トバゴ共和国。。

 私が今更ながら初めて知った国。300年以上スペインに統治され、その後もいろんな国に支配された、カリブ海に浮かぶ二島からなる国。両島合わせて千葉県より少し大きい。人口は1300万。この国はかつてアフリカから多くの奴隷が移植され発展したエリア。
 さらに何が言いたいかというと望郷の念にかられる移植民が発明したSteel・panという楽器。この国で発明されたドラム缶からできた打楽器、手のひらで撫ぜ回しても妙なる音色が響き渡る。この楽器の存在をを知ったのも初めて。日本にもSteel・pan奏者の方がいるようです。
 

暮しのなかの楽器