FC2ブログ

いよいよ明日は。。

  今上天皇退位の日。
  明日から一泊、草津の湯に行ってきます。私は新元号「令和」を草津の湯で迎えます。
  皆さん よいお年をお迎えください。愛車スイスポもガソリン満杯。
  道場に帰れば5月3日、田無神社で会員の皆さんと新元号奉納演武を挙行します。
  戦争を知らない世代だが歳を取って分かる、日本に生まれて良かった。
  敗戦後、天皇制が残されたことは幸いだった。
  共産党は天皇制を否定しているけど、いろんな考え方があると言う一例です。
  歴史ある国の象徴が天皇、の理解で良いじゃないですか。
  天皇自ら日本の象徴とは何かと生涯自問自答したと聞いている。
  日本国民自らのアイデンティティーを天皇が代表してきたのが戦後の陛下の仕事だった。
  いったい自分は何者か?
  これからは個々人がしっかり自分は何者であるかを定義する時代になっていくのでしょう。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

先週は、リヴィウ(ウクライナ)。。

 11時間程飛んでポーランド空港に到着、そこからウクライナ、リヴィウ国際空港まで約1時間弱。実は帰りの便ではポーランド空港で9時間待機、テキトーに楽しんだけどこれには参った。
 リヴィウは古い街並みでした。車道は石畳でたまにあるアスファルトの道は穴ぼこだらけ。石畳の道をトラムが走り、車はアスファルトの穴ぼこをよけながらガタガタ走ります。旧ソビエト製の車から最近の車まで新旧入り交ざった状態でした。建物もソビエト時代のビルは荒れ放題のまま放置されその隣に新しいビルを建てるなどとにかく雑多な印象。ヨーロッパの穀倉地帯と言われたウクライナは侵略と虐殺の歴史に彩られている。
 男女共にスタイル抜群、きりりと引き締まった精悍な顔つき、東西の良いとこどりの人々でした。
DSC_0035[1]
 車は路肩に停め放題。歩道に乗り上げて停めてあるものもある。馬や駱駝で東西を行き来した時代、テントの前に馬、駱駝を繋いでおく感覚と変わらない。
昼は自由に選べるバイキング型式の大衆食堂でいただきました。
DSC_0053[1]
これは焼き肉専門の料理屋さん。大きな紙を広げて皿とナイフとフォークの絵をサーバーが書いてくれる。後は出された肉と野菜を豪快に手づかみで食う。ビールはコクがあって美味い。野菜も新鮮。テーブルには厚手のロール紙ナプキン、柱には手洗い用の温水蛇口と石鹸が用意されている。
DSC_0048[1]
 実際には泊まったホテルの裏側に広がる民族テーマパーク。ぐるりと大通りを経巡って30分程かかって公園入口に到着。異民族の集合体であることが分かる。写真は100年以上前の教会。ロシア正教だったか?
DSC_0037[1]
リヴィウ専心館代表、ボグダン先生とパチリ。長男が私の写真を見て老人顔になったとホザきおった。息子が40のおっさんになろうってのに親父だけ紅顔の美少年のままでいられるわけもなかろーに。
ドリアングレイじゃあるまいし。
DSC_0059[1]
ナターシャ。合気道始めて4ヶ月と言ってました。リヴィウの街中にそびえる山頂でパチリ。
リヴィウの街並みを一望できます。
57382187_421375808655598_622968977466851328_n.jpg
子供達が一杯でした。流暢な英語を話す子がいるので驚きました。
ウクライナ語はロシア語とも異なるようです。ありがとうの言葉が違いました。
57203970_332906144032710_8454584697735872512_n.jpg
稽古の後、随分と写真をせがまれました。
57313601_379375409335394_4044934469193302016_n.jpg
専心館の皆さんありがとうございました。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場

春爛漫。。

まだ少し風が冷たい朝、いつも散歩するご近所、気温も上昇中。ということで。。

天神町一丁目、延命寺の築地にそろって並んだ花海棠。
DSC_0024[1]

いつもの遊歩道。
DSC_0021[1]  
近くの畑で見かけた土筆。数十年ぶりに見た気がする。
DSC_0025[1] 
DSC_0027[1] 

ということで来週は11日からウクライナ出張に行ってきます。

暮らしの中の合気道
合気道 小山田道場