この日は。。

平塚から一路、愛知県十明山の古民家の宿楽知を目指す。
 玄関を開くと懐かしい匂い、子供の頃母親の実家で嗅いだ古びた木の香り。所々修繕はしてあるものの古民家然としてました。
 楽知 楽知 001 楽知 002
夜はBBQ小屋で焼き肉パーティーをしてン十年ぶりの花火に興じました。
かまびすしかった蝉の音も夜九時半にはぴたりと止みました。まるで時計で計ったかのようです。各人各部屋に分かれて就寝。

翌日は名古屋のトヨタ会館からトヨタ工場見学の希望があり数ヶ月前から予約を入れました。結構人気があるようです。
トヨタ 011 トヨタ 007
会館はトヨタの生産する高級車がずらり、並んでいました。エンジンの仕組みや環境への取り組みなど実験パネルを使っての説明は面白かった。、安全ドライブの実験車があり早速やってみました。並みいるC、Dランクが付けられた記録パネルの中で私はBでした。社会科見学の小学生がゾロゾロ歩いていました。
 陳列車のコックピットに乗り込むとまるで次元の異なる乗り物のようでした。工場見学は海外からの見学者も多く工場内は撮影禁止。これもまたン十年ぶりの社会科見学でした。町全体はトヨタの城下町といった趣です。それでも他の自動車会社のお店も頑張っています。生産性向上のため市内にある数か所の部品工場から組み立て工場へはトラックで15分程度とのことでした。
見学場所は市内三か所あるうちの元町工場でした。ここではクラウン、マークX、MIRAIが組み立てられていました。
整然と工夫された流れ作業にはちょっと感動しました。受注生産のためか異なる車種がラインに並んでいました。そうか、在庫抱えるわけにいかないので大量生産じゃないんだ、とあらためて気付かされました。

[広告] VPS

本物のバイオリンを弾くロボット。 上海万博にも出品され好評を博したようです。曲目は「威風堂々」  歩くロボットは随分進化してきたのを目にしますが楽器を弾くロボットは初めて見ました。他に2曲レパートリーがあるようです。

トヨタ 005
近未来型の乗り物このままでも走るし後傾してして四輪にもなるようです。

本丸御殿 001
会館地下のレストランで昼食後、名古屋城本丸御殿を目指します。修復なった金ぴかの襖絵を見たかった。ホントに金ぴか。
全てヒノキ造りの御殿は必見の価値があります。写真はフラッシュが禁止なので金ぴかに見えませんが想像してください。スマホでパシャパシャ撮っている人が多くいましたが私はノンスマホ。

 御前崎灯台に向けて名古屋城を後にしました。御前崎で二泊目。
御前崎 008 御前崎 003 御前崎 002
翌朝灯台を見に行きました。沖合から多くの漁船が戻って行くのを眼前に持って出た朝飯を食べました。
今日も暑くなるぞ、と太陽が昇ってきます。

御前崎から掛川城へ
御前崎 010 御前崎 016 御前崎 011 御前崎 014
暑かった~ 汗が雨に濡れるように着ている作務衣に沁み込む。こんな日の戦は勘弁してほしいと戦国の侍達も思ったかどうだか、きっと思ったに違いない。 掛川城に向けて大通りがありその脇に掛川西高校の野球専用グランドがありました。今回は甲子園は駄目だったようですが球児たちが練習している姿が天守から見えました。天守を吹き抜ける風が心地よかった。

 この暑さのなか予定していた富士サファリは延期にしました。9月に行く予定。息子も行きたいというので同道。
 サファリと言えば群馬でクマに襲われたと報道されていましたが富士サファリは大丈夫かな。一様ジャングルバスなるものの予約はしましたが自分の車で何回でも周回できるシステムのようです。動物に車を傷つけられるのも嫌なのでバス、餌もあげられるようですが自分が餌にはなりたくない。 子供がまだ一人目の時に群馬サファリには行ったことがある。結構楽しかった記憶がありますがン十年ぶりのサファリに何を思いつるか。

 と、いうことで急遽、伊豆の国市パークでバイキングをいただき近くの水族館でイルカ、オットセイなどの海獣ショーを見て途中途中お土産を買って帰りました。ジャンジャン。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場