不思議の国のアリス。。

 面白かった。今回は時航機で過去での再チャレンジという趣向でした。「過去は変えられない。」という生命を含めて全てを支配する大時計を作り上げた管理人タイムの言葉をアリスは見事に覆す。
 なんといっても時間を遡る描写が面白い。大きく荒れる海の波頭から過去の出来事が海中に透けて見える。そこへ時航機で飛び込むと過去に戻っている。
 何作目かの映画ターミネータで水銀のように液体化する敵ターミネータが溶鉱炉に転落、もがきながら今まで殺害してきた人間の顔に千変万化して溶けていく場面があったがそれを思い出した。
 そして映画のオープニング、大嵐の海原で海賊に追われる商船ワンダー号。船長は長じたアリス。嵐の海風の音にもまして砲弾が唸り、ワンダー号が波頭から波の底まで翻弄されるなか、決断、無謀にも帆を一杯に張る、船を横転寸前にさせながらも浅瀬の岩礁を渡りきり海賊船から逃れた。この描写が冒頭でインプットされていたのでなおさら時間を遡る描写が迫力として伝わってくる。
 さらに面白いのは時空の荒海でアリスの乗る近未来的な時航機を追跡する時間管理人タイムの乗るタイムマシーンが手漕ぎトロッコのような明らかに時代遅れという設定。管理人タイムが木製のレバーを上下にギチギチ漕ぐ、それがアリスの乗る時航機クロノスフィアと同じような速度を出す。
 管理人タイムはアリスに盗まれた時間の源であるこのクロノスフィアを取り戻すべくアリスを追跡するのだ。
 ジョニー・デップ扮するマッドハッターは自分の家族はまだ生きているという言葉をアリスが信じないことから憔悴して死にかける。 マッドハッターを甦らせるために彼の家族が死んだとされる時間への旅に出た。時空冒険の過程で暴君、赤の女王イラスべスの生い立ちも分かる。
 この映画のキャラクターでマッドハッターもさることながら頭でっかちのイラスべス、秀逸な眼球の演技、丸い双子の兄弟も可愛い。 
 原作者ルイス・キャロルも151年後にこんな映画になるとは想像もしなかったでしょう。

 ※151年前(1865)といえば日本では幕末の動乱期。元治2年西郷吉之助が妻を娶り4月には改元され慶応元年となった年。
 その4年後には徳川幕府が終焉を迎える。

塩田剛三先生直伝 
合気道 小山田道場

先日の。。

 地域文化交流の第一回目として行った朗読会も成功裏に終わりました。朗読といってもあまり興味の無い方もいると思いますが声と表情、仕草の一人芝居といえるかもしれません。登場人物をそれぞれの声音で表現して物語が進みます。
 興味のなかった息子さえ面白かったと言っていました。ラジオでしか聞いたことがなかったので感動しました、という感想も聞かれました。
 元来は合気道の発信基地として建設した道場ではありますがこの空間を利用して地域のコミュニケーションの場としても発展させていく考えです。
 そのためのイベントを年に一回か二回開催しようと考えていますがさて第二回目の地域交流会は何をしようか。。落語会でも開いてみましょうか。。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

さて今日から。。

それぞれの教室で審査が始まる。日頃の稽古が試される。合気道には試合がないので演武、審査が試合のつもりで臨む心構えが必要になる。私は昇段審査以降も緊張して何を動いたのか記憶が無かった。何度経験しても慣れることはなかった。初めの頃は頭が真っ白になった。ほんとに白くなるとはこのこと。目は何も見ていない。それでも体は動いている。3,4段の審査の頃には少し周りが見えるようになった。 今日審査の皆さん緊張して当たり前。張り切って審査に臨みましょう。

さて、審査を終えた明後日。。
18日海の日地域交流の一環として朗読会を開きます。
時間午後3:30開場 4:00開演 場所合気道小山田道場 読み手プロ北村青子
演題は宮沢賢治作「よたかのほし」 宮部みゆき作「小袖の手」 休憩など入れて1時間20分 是非ご参加ください!!

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

今日も。。

暑かった。稽古も汗だく。こういう日は無理をしないと決めた。
と、いうことでチーちゃんも今年で6回目の柴犬カット、涼し気になりました。
 
 玄関脇の睡蓮鉢にはホテイアオイが増殖、間引きしても太陽がカッと照った日には見る間に増えていきます。
 2か月ほど前、蚊の対策にメダカを10匹この睡蓮鉢に放流。
 メダカを連れ帰った時には1Cm程だった。餌のやり過ぎかどうか?倍の大きさになりました。初めの頃は一株のアオイ草の下に隠れて物音や人影にビクビクしていました。アオイ草を指でつまんで水面を動かすとその後をついて必死に隠れようとしたものですが、最近では睡蓮鉢の縁をトントン叩いて餌をやろうとすると繁茂した真緑の葉陰からスッと浮き上がってきます。逃げないのでいとおしさも倍増。
 じっと見上げている小さな目に私はどのよう映っているのか。メダカとアイコンタクト。
 メダカの泳ぐ姿を見ていると日頃の疲れと憂さも消えるようです。いつまで見ていても飽きない。
 地上の生命力に乾杯。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

なんと。。

 蒸し暑い。稽古後の雑巾がけでは息が切れてしまう。腹筋が弱くなったなという思いもあり腹筋ローラー(アブローラー)通称コロコロを取り入れている。重い物を持ち上げるわけでもなく自分の体重を利用するこの器具は使ってみると優れもの。合気道の稽古の理にもかなっている。腹筋だけでなく肩、腕、背中、胸の各筋肉に刺激がある。10回3セット、初心者なので膝コロで行う。それでも慣れるまではきつい。ラスト近くは唸り声をあげながらの筋トレとなる。朝などぼんやりしている意識と体が目覚めます。立ちコロまでいけるように無理せず続けるつもり。ここのところ腹もへこんできました。
 若い頃は筋肉に目がいき、しばらくすると骨の繋がりに目が向いた。再び筋肉に戻って今、それらを融合する方向に変わっていく予感。これからの稽古について一味風味が変わる可能性を見出したかもしれない。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場