ついに。。

 次男が欲しいということで選んだ車がワゴンRスティングレーのターボ車だった。軽自動車ながら私の乗るスイフトXS-DJE(スイフトの中では最上級車)と同じ装備に併せてブレーキサポート、他社で言うところのハイブリッド機構S‐エネチャージがついている。私のはただのエネチャージ。スイフトXSにも装備されているパドルシフト、クルーズコントロールまでついているのにはチョット感動。おまけにブレーキサポートまであるではないか!。軽の方が装備が良いのはなんのこっちゃ。ただ違うのは、スティングレーは運転席、助手席側にしかエアバックが付いてないがスイフトは車内側面にもあるということだけ。
 私はアルト、アルトターボに試乗した。アルト、外観はともかく内装がチープ。アルトターボは疑似MT車、シフトレバーで加減速できるならパドルはいらない。無駄な二重構造になっている。MT免許まである人は乗ってはいけない。これに乗るなら5速MT車アルトワークスの方が良い。
 アルトと同時にワゴンRにも試乗した。走りだしアクセルが軽い、「お、軽っ」と思わず口に出た。踏めば踏んだだけ素直に加速していく。静粛性も良い。車内は広々(アルトは昔ながらの軽のコンセプトのため車内が狭い)乗り心地もスイフトに劣らない。これもありだな、と何回か言ってしまった。
 次男はダイハツCASTエクティバ、ハスラー、ワゴンRに試乗したようでやすが、やはりワゴンRの乗り心地、解放感に感動した口振りでした。後席はスイフトより広い、とのたまっていました。んッ、確かに。ハスラーの感想は揺れる、アクティバについては無言でした。
 結果、次男が選んだのはワゴンRスティングレーT。
 駐車場はもともとミラを停めていた場所があるので問題ないし、いいんじゃない、という感想です。
 それにしても我が家に車が二台とは思いもしない展開ですが別々の生活様式があるし自分で買うんだから矛先を鈍らせないためにこれもありだろう。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場