休み明け。。

肩持ち横面打ち一か条抑え、肩持ち横面打ち四方投げ。
一か条は直接に肩を返す、四方投げは円運動の中で崩す。
気結びの太刀の変化はいろいろと考えさせられる。今までの組太刀に加えても良い。

最近、温泉に行ってないなa 来週、さい牧温泉に行って飯食って豚肉買って来ようか。


chiko 001
ブログを書いているとチーちゃんがすりすりしてくる。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

今日のお題は。。

肩持ち正面打ち側面入り身投げ(1)(2)、昨日の課題をクリアー
肩持ち正面打ち正面入り身投げ(1)(2)、
半身半立ち肩持ち正面打ち正面入り身投げ(1)(2)、気が付くこと二点。
これができればあれもできるか?と試みながらする稽古。技には身体文化の遺伝子が組み込まれているので技はみずからが進化していく、と言うよりもそれを使う者に求めてくる。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

何故こんなに疲れるのか。。

と思ったら午前中から暑い。体が熱を持っているのが分かる。
ということで、
中級技=肩持ち正面打ち一か条抑え(1)(2)、二か条抑え(1)(2)、側面入り身投げ(1)(2) 課題が残る。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

朝顔、南瓜、生姜。。

植木 004
道場前の草花。

植木 001
中でもこの南瓜、つい先日面白半分に種を埋めたらムクムク成長して今まで植わっていた朝顔、生姜を凌駕してきた。日を追うごとに目覚ましく大きくなる。

植木 002
そこで、蔓の出ない品種の朝顔、普通の朝顔、生姜たちを避難させたのがこれ。モジャモジャしているのが蔓のない朝顔、真ん中に小さくなっているのがつい先日まで陽の目を見ずに端っこで小さくなっていた朝顔、ツンと太陽に向かって伸びているのが生姜。これも古くなった生姜から芽が出ていたので植えてみたらごらんの通りになりました。

植木 003
サギ草(銀河)去年は5本位でしたが一冬超えて水だけをやりつ続けたら小さな芽を吹いて大家族となっています。これもそのうち大きめの鉢に植え替えようと思っています。 
生命力って凄い。
 
そうだ、今朝の稽古は中級技を一通り、一か条、二か条などの抑え技、入り身投げ、小手返し、肘当て、腰投げなど思いつくままに行いました。中級技とは後ろ技の補助動作のあと受けが後ろに回り込まずに仕手の肩を掴んで斜め横から顔面への正面打ち、横面打ち、正面突き場合によっては下腹部への膝蹴りなどの攻撃をするかなり近間からの技の体系です。ごく近くからの攻撃ですので的確な動作を要求されます。明日はこれらを整理するつもりで稽古の予定。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

今朝は肘の使い方。。

螺旋の動きになり同時に半身となるため
正面打ち正面入り身投げ(1)、横面打ち正面入り身投げ(1)、正面突き正面入り身投げ(1)は相手を呼び込みすれ違うためぶつからない。
そして
片手綾持ち正面入り身投げ、後ろ両手持ち正面入り身投げ、この二本は工夫。引かない持ち上げない。まさに螺旋。

名人塩田剛三直伝
合気道 小山田道場

さて、今日は。。

膝、肘の使いわけで二通りの片手持ち側面入り(1)(2)、肘持ち側面入り(1)(2)、肩持ち側面入り身投げ(1)(2)
最後は柔道のように両手で好きなところを持たせてからの側面入り身投げ。結論を言えば持たせる前からの肘なり膝の使い方がそのまま技になる。

閑話休題。
面白半分に種を撒いた南瓜、あっという間に芽が出て今ではその前に芽の出た蔓のない朝顔、これも面白半分に埋めた生姜よりも、葉が広がって雑草のように成長している。今日は分家させようと思い土とプランターを買ってきた。生命そのものの意味は分からないけど現象としての生命、その力は凄い。明日あたり土いじり。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

さて、今日の稽古は。。

中止。
腰部脊柱管狭窄症の術後経過観察で杏林大学病院に行く。待たされるのですこれが。2時間待ったことがある。今日は1時間ほどで勘弁してもらった。来月MRIとレントゲンを撮って診察。なんとかなれよ私の身体。。というところか。どんな状況でも稽古は継続するのが私流。

名人塩田剛三直伝
合気道 小山田道場

片手持ち。。

一か条抑え(1)(2)を稽古した。まず崩しそして振りかぶり。これがきちんとできないと成立しない。この崩しは片手持ちの技全てに共通する。この崩しができれば応用範囲が広がる。崩しができればしっかり固定して持たれても呼吸投げはひょいと成立する。

名人塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場