初売りで試乗に訪れたスズキのディーラーで新車。。

スイフト
試乗するだけのつもりが スズキ スイフトXS-DJE3型フルタイム4WD のフル装備車を成約してしまった。明日はスバル インプレッサを見に行くつもりだったがやめ。今乗る車、H14年式ダイハツ ミラジーノミニライトターボ5MTの下取りの値段が想像以上でビックリ。2万キロを過ぎた頃ダイハツのディーラーで下取り20万と言われ、それからその倍以上乗っているのに。。「ターボ付きのミラは人気がある」とのことでした。他に持っていけばもう少し高くなるか?と思いながらも、全部ひっくるめて50万以上の値引きとなり新車が中古車並の値段で予定した予算の3分の2くらいで済んでしまった。今回、新車購入検討のために選定した車はスイフトかインプレッサ。スイフトXS-DJEはこの価格帯の車の中では目一杯技術が詰まっていると思う。他社の場合だとオプションで色々付けるべきところを殆ど標準装備になっている。インプレッサはセダンタイプを考えたが付けたいオプションで選択するとかなりな高額。それでも良いと思って第一候補だったが今日スイフトに試乗してみるとかなり良い印象を得た。息子に言わせれば「今乗っている車から見ればどの車も良く見える。」とのこと、それはそうだが息子も運転してみて気に入った様子。ならばこれにしようと第一印象で決めた。納車は1か月以上先。楽しみが増えた。

PS  物事が決まるというのはこういうことなんだろうと思う。スバルのディーラーは家から2~30分程かかるがスズキは5分程の近さ。これも利便性を考えると考慮の内だった。道場を建てようと決めた時もう~んと思い悩むことはなく即決した。
 もっとも道場の場合は養神館に職員として入った時から将来道場を建設することは考えていたのでその下積み時間を考えると20数年を要している。車の件も半月以上前から考慮していたのでその場での決断までにはやはり時間を要している。結局、チャンスを掴む、ということに置き換えれば事を決する以前にあれやこれや思い悩んでいないと掴み損ねるということなのかもしれない。よく流れ星に願いを、とか言うがこれも常日頃考えていないと1秒足らずでスッと流れる時間内に願いごとはできないだろう。

合気道 小山田道場