秋日和。。

008.jpg

天気予報では傘マークも出ていた昨日は、何ということでしょう、ピカピカの秋晴れ。総勢20人ほどで予定通りにBBQを行いました。
今回はローストチキンがメイン。クッキングパパことKさんが下準備をした鳥一羽、ダッチオーブンに鎮座ましましているところへ丸ごと野菜を放り込みさらに過熱。

001.jpg 

その間に定番のお肉を焼いて皆でハフハフ食しながらビ-ルを片手におしゃべりの花が咲きました。

006.jpg

出来上がり。のっていた炭を払うと現れた鍋の蓋がいぶし銀。期待感をあおります。

007.jpg

愈々、開け鍋。

008.jpg

さっと湯気が立ち昇り、すがしい秋の大気に溶け込みました。皮も剥かずに放り込んだジャガイモ、玉ねぎ、人参が野趣をかもし始めてみる光景でした。

011.jpg

さっそく取り分けていただきます。美味かった。鳥の腹に仕込んであるニンニクもほくほくして美味しい。

014.jpg

無造作に転がっている野菜たちも何の味付けもしてないのにそれぞれに甘くて野菜本来の味を堪能しました。

016.jpg

隣の一団からは沖縄民謡が奏でられる小金井公園の素敵な秋日和でした。

合気道 小山田道場





一昨日の小山田道場総合演武会。。

第一回演武 014
子供も大人も元気一杯でした。観覧者、演武者の熱気が道場に横溢していました。普段顔を合わさない稽古生が一つの空間、一つの技を通してつながることは素晴らしい。あっという間に時間が過ぎ去るのもむべなるかな。
開演早々の指導者演武は正面突きから始まり、剣取り、二人取りと気合が入り各演武者の気持ちへと繋がった。締めくくりの私の演武も呼吸法から入り、半身半立ち技、正面打ち自由技、後ろ両手持ち自由技等、興がのり、他道場ではあまりお見せしない組杖の解説演武で終了。合気道の素晴らしさの一端が伝われば幸い。 
お手伝いのスタッフの方達にも感謝します。
前日、小平の稽古後小山田本部道場に集合、今日の段取りの入念な打ち合わせ、ありがとうございました。こうした裏方の協力がなければ成り立ちません。
集合してくれたご家族にも感謝します。一番根っこの部分が家族。その協力なくしては合気道という伝統文化すらも成り立ちません。
合気道という表現手段を通してそれぞれの個性が発揮できた大会になりました。
閉会後は集合写真。シャッター音が鳴りやみません。
懇親会は大いに盛り上がりました。

小山田道場 指導者演武

道場長演武

合気道 小山田道場


※演武大会以前から浦安市の合気道龍が主催する「龍新聞」に寄稿を頼まれていました。全文をここで掲載するわけにもいかず一部のみ抜粋。龍新聞が10月10日発行ということなのでその後またことの顛末を。。と思います。

さて、来週。。

日曜日は小山田道場、各教室の稽古生が小金井市総合体育館に集まり演武会を開く。小金井市の市民体育祭にのっかって第一回、小山田道場演武会。参加者は100人以上集合するので身内としては大きなイベント。将来的には友好演武会として国内外の他道場を招へいする試金石となる。小山田道場、二代目が主催する。次世代に引き継ぐキッカケになれば良い。  12:30開演。14:30閉演。その後懇親会。

演武会と言えば10月は山梨、11月には養神館本部に審査委員も兼ねて招かれている。疲れることです。 

合気道 小山田道場