朝飯を食いながら。。

味噌汁のワカメは海中でユラユラ揺れて鯵も泳いでいたろうに、こうして命をいただいて生きているんだなと思いつつ箸を取る。
TVでは日本vsギリシャの試合を流している。サポータが飛び跳ねながら応援しているのが映った。「サポーターも大変だな、こんな風にぬちゃぬちゃ納豆かき混ぜている場合じゃないな。」「納豆だから粘るよ。」と妻。
選手たちの汗が飛び散る。プロの動きには無駄がなくボールが突き刺さるようだ。
目が離せないにもかかわらず、
「鯵の骨なんかボソボソ引っこ抜いてる場合じゃないな。」
「いいところはリプレイするから大丈夫。」
ネギ入り納豆御飯越しに画面を見ているとサッカーボールが空中高く飛んでいるところでホイッスルが鳴った。
0-0引き分け。日本、後がない。

合気道 小山田道場

今朝、自由技を。。

100本 正面打ち、横面打ち、正面突き、片手持ちを取り混ぜて稽古したが10分もかからずに終了。来週は200本やるか。

合気道 小山田道場

そうか、父の日か。。

豆苗 016 実は記念日というものに私は疎い。自分の過ぎ越し行方にしても時間の流れ、、つまりは自分の持つエネルギーの流れだと思っている。滞ることはない。心優しい母親に育てられた子供たちは母親に似て常に、家族の誕生日、母の日、父の日、などに気を配り何らかの反応がある。家族がいるから私もいて人々が集まってくれるから道場もあり、これらは感謝のなにものでもないのですが、その感謝の気持ちは自分の表現手段である合気道であらわすしかないと思う次第です。明日は息子に感謝を込めて自由技100本の稽古です。

合気道 小山田道場

先日買ってきた豆苗。。

おまめお行儀よく気を付けをして店頭に並んでいましたが全部刈り取り食したのち水栽培してみたら野放図に育ちました。今度プランターで育てたらお豆さんが収穫できるかもしれないと思い虎視眈々と機会を窺っています。
Wikipediaには以下のように載っていました。
豆苗としてエンドウの若菜を食べるようになったのは中国で、収穫される量も時期も限られるため、一部の高貴な人やお正月などの特別なときにしか口に出来ない希少品であった。日本に豆苗が登場するのは1970年代の日中国交回復以降である。

合気道 小山田道場

この間の。。

演武の写真ができたのでランダムに載せてみよう。

浦安1 半身半立ちの二か条。

浦安3 半身半立ちの一か条、相手の肘の操作から肩をパッと崩します。

浦安4 半身半立ちの正面入り身投げ。肘の操作で相手を吸い寄せる。

浦安7 両手持ち呼吸投げ。

浦安9 正面打ち側面入り身投げ。これも肘の操作で相手を導く。
基本技では膝を使います。

浦安11 これは二人取りの呼吸投げ。一人も二人も同じ感覚です。

浦安12 二人に肩、一人は腹を抑えに来たところを崩す。ふん。

浦安13 3人が右腕をつかみに来たのを崩す。

浦安14 同じく3人を呼吸投げで吹っ飛ばす。

浦安15 
最後は3人取り自由技。こうした乱捕りでは複数の相手を一か所に追い込みバラバラにせずに狩るのが私流。

さて今朝も雨。雨の音は好きだけどこう毎日聞かされていると耳につく。

合気道 小山田道場





昨夜も大雨。。

やらなければならないことを疑いもせず飽きもせず淡々と日々繰り返すことが僕の日課です。雨の音にさいなまれながら眠った翌朝、排泄のためまた昨日は何が起きたか街場の情報を拾うために欠かさずに出かけます。
紫陽花 004
大気中に漂う微妙な香りからその情報源の地べたを丹念に読み解いていくのは人間が新聞を読むのと同じくらい大事なことなのです。地べたの広がりは広大な新聞紙面。時にはその紙面を丹念に舐めて確認もします。耳は街場のラジオ情報。
紫陽花 006
今朝は木々のトンネルをくぐり紫陽花公園に寄りました。植物の根方には様々な情報が集まっています。近所の花子さんが妊娠したことなどたちどころに嗅ぎ当ててしまいます。
紫陽花 010 紫陽花 011
菖蒲の花は昨夜の大雨にも負けずに咲いていました。
紫陽花 025 紫陽花 012 紫陽花 013
池の水は濁っています。以前人間の子たちが水遊びをしていましたっけ。
紫陽花 020 紫陽花 028
僕たちにとってはアイコンタクトは重要なメッセージです。
紫陽花 034
どうしても逃せない情報はしつこく読み取ります。この間に大事なお母様がどこか見えない所に行ってしまわぬか心配なのですがこればかりはどうしようもありません。意地悪なお母様は時にはワザと隠れてしまい、天照大御神が岩戸に隠れて世の中が真っ暗になった、そのくらいに肝を冷している僕が右往左往して走り回るのを笑って見ています。

合気道 小山田道場



今日は立川の映画館に。。

お母さんと一緒に「アナと雪の女王」の映画を見に行きました。僕たちの左ななめ後ろの席に合気道の小山田先生がいたのでビックリしました。お母さんが気がついてあいさつをすると「お、キグウだね。」と言ってましたがちょっと意味が分かりませんでした。映画はおもしろかったです。何べんもハラハラしました。最初はやさしい王子様かと思ったら最後にアナをうら切る心のみにくい王子だったので腹が立ちました。アナになぐられて海に落っこちたところを見て、いい気味だと思いました。おしまいにお姉さんを助けてアナが氷になってしまったのでどうなることかと思いましたが女王のお姉さんにだきしめられて人間にもどったのでほっとしました。姉妹の愛がおたがいを救ったと思います。色がきれいだし、音楽も歌も良かったです。人の表情も本物みたいでした。動物たちもかわいかったです。おもしろかったです。

合気道 小山田道場

さて、いよいよ。。

ウィルマ 003 ウィルマ 1

7月に懸案だったDVDの撮影をすることになった。撮影場所は小山田本部道場。合気道界に一石を投じることになるでしょうとは剛三先生の記録を撮った(株)クエストのK社長の弁。私は一つの節目という気持ちもあり今までの稽古で気の付いた事柄をここで記録としてまとめておきたいという気持ち。全3巻分を予定しているがそこは未知数。順次出版できればいいなと思う。さらに前進するための布石としたい。 

ところで、道場の玄関に仲間が増えた。ゴールドクレストウィルマという針葉樹。糸杉の仲間。緑の鮮やかさに目を引かれました。大きくしたいと思いますが調べてみたらこれがいささか難物。うまく成長すると2~3mになるそうです。
妻曰く、園芸が趣味になるんじゃないの。
玄関前をにぎやかにしたいという気持ちから植物を置こうと思いったったのですが、趣味にするのもいいな。あれやこれやとコーディネートするのが面白いと思える。

合気道 小山田道場

道場の玄関に。。

005w.jpg
小さなプランターを置いてみた。朝の水やりのたびに育っていくのが分かる。
031w.jpg
下段左のフェリカという花は太陽の光と共に開花して日暮れにはまた元のつぼみに戻る面白い花。始めて知った。チーちゃんと散歩の道すがら大気が色づき始めた。015w.jpg 008w.jpg 014w.jpg 011w.jpg 029w.jpg 028w.jpg
チーちゃんと散歩の途中。
025w.jpg 024w.jpg
朝の澄んだ空気が気持ち良い。

合気道 小山田本部道場