今日の稽古は。。

 気結びの太刀 変化の太刀5本 組太刀左5本でした。(左があれば右もある。)
気結びの太刀 変化の太刀は剣の扱いと体捌きが主、小山田道場の組太刀は剣捌き体捌きは無論ですが剣と剣が接したその時が肝心なところ。工夫もなく先に動けば打たれ、居着いても打たれる。攻守が逆転します。この工夫が稽古のポイント。

 ストレッチ、木刀でのスクワットなども取り入れながらアブローラーも膝コロで続けて20回3セット、自然と2倍になりました。
 体が慣れて来ると自然に回数も増えていきます。ただし、それまでの一か月強は体もだるく、筋肉痛できつかった。特に痛めていた内転筋が悲鳴を上げました。体中がバリバリ。丁度この頃、市の検診で血液検査をすると激しい身体の使い方をすると湧いて出るCPAだったかそんな酵素が大量に出ていました。主治医が言うには心筋梗塞や脳溢血の原因になるとのことでした。
 ところがある日を境にスッと次元を超えて体が楽になり、悲鳴を上げていた内転筋も穏やか。 
 身体が変わっていくのが分かって面白くなってくる。
 そうか、合気道を始めたときもそうだった。
 
 そして合気道の稽古のほか、不慣れな体の使い方はこういうことなのかと思い知りました。
 還暦を過ぎればなおさらかもしれないが目標は立ちコロなので少しづつ今まで以上に体力をつけましょうかね。

 ところで、オリンピックも終わりましたが「柔道」 組み手争いをしないルールに変わって日本の柔道が戻ってきたという印象でした。柔道は組手からという原点に戻った試合が綺麗でした。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場


この日は。。

平塚から一路、愛知県十明山の古民家の宿楽知を目指す。
 玄関を開くと懐かしい匂い、子供の頃母親の実家で嗅いだ古びた木の香り。所々修繕はしてあるものの古民家然としてました。
 楽知 楽知 001 楽知 002
夜はBBQ小屋で焼き肉パーティーをしてン十年ぶりの花火に興じました。
かまびすしかった蝉の音も夜九時半にはぴたりと止みました。まるで時計で計ったかのようです。各人各部屋に分かれて就寝。

翌日は名古屋のトヨタ会館からトヨタ工場見学の希望があり数ヶ月前から予約を入れました。結構人気があるようです。
トヨタ 011 トヨタ 007
会館はトヨタの生産する高級車がずらり、並んでいました。エンジンの仕組みや環境への取り組みなど実験パネルを使っての説明は面白かった。、安全ドライブの実験車があり早速やってみました。並みいるC、Dランクが付けられた記録パネルの中で私はBでした。社会科見学の小学生がゾロゾロ歩いていました。
 陳列車のコックピットに乗り込むとまるで次元の異なる乗り物のようでした。工場見学は海外からの見学者も多く工場内は撮影禁止。これもまたン十年ぶりの社会科見学でした。町全体はトヨタの城下町といった趣です。それでも他の自動車会社のお店も頑張っています。生産性向上のため市内にある数か所の部品工場から組み立て工場へはトラックで15分程度とのことでした。
見学場所は市内三か所あるうちの元町工場でした。ここではクラウン、マークX、MIRAIが組み立てられていました。
整然と工夫された流れ作業にはちょっと感動しました。受注生産のためか異なる車種がラインに並んでいました。そうか、在庫抱えるわけにいかないので大量生産じゃないんだ、とあらためて気付かされました。

[広告] VPS

本物のバイオリンを弾くロボット。 上海万博にも出品され好評を博したようです。曲目は「威風堂々」  歩くロボットは随分進化してきたのを目にしますが楽器を弾くロボットは初めて見ました。他に2曲レパートリーがあるようです。

トヨタ 005
近未来型の乗り物このままでも走るし後傾してして四輪にもなるようです。

本丸御殿 001
会館地下のレストランで昼食後、名古屋城本丸御殿を目指します。修復なった金ぴかの襖絵を見たかった。ホントに金ぴか。
全てヒノキ造りの御殿は必見の価値があります。写真はフラッシュが禁止なので金ぴかに見えませんが想像してください。スマホでパシャパシャ撮っている人が多くいましたが私はノンスマホ。

 御前崎灯台に向けて名古屋城を後にしました。御前崎で二泊目。
御前崎 008 御前崎 003 御前崎 002
翌朝灯台を見に行きました。沖合から多くの漁船が戻って行くのを眼前に持って出た朝飯を食べました。
今日も暑くなるぞ、と太陽が昇ってきます。

御前崎から掛川城へ
御前崎 010 御前崎 016 御前崎 011 御前崎 014
暑かった~ 汗が雨に濡れるように着ている作務衣に沁み込む。こんな日の戦は勘弁してほしいと戦国の侍達も思ったかどうだか、きっと思ったに違いない。 掛川城に向けて大通りがありその脇に掛川西高校の野球専用グランドがありました。今回は甲子園は駄目だったようですが球児たちが練習している姿が天守から見えました。天守を吹き抜ける風が心地よかった。

 この暑さのなか予定していた富士サファリは延期にしました。9月に行く予定。息子も行きたいというので同道。
 サファリと言えば群馬でクマに襲われたと報道されていましたが富士サファリは大丈夫かな。一様ジャングルバスなるものの予約はしましたが自分の車で何回でも周回できるシステムのようです。動物に車を傷つけられるのも嫌なのでバス、餌もあげられるようですが自分が餌にはなりたくない。 子供がまだ一人目の時に群馬サファリには行ったことがある。結構楽しかった記憶がありますがン十年ぶりのサファリに何を思いつるか。

 と、いうことで急遽、伊豆の国市パークでバイキングをいただき近くの水族館でイルカ、オットセイなどの海獣ショーを見て途中途中お土産を買って帰りました。ジャンジャン。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場


夏休みも終わり。。

 久しぶりの稽古。暑いし体が重かった。。汗が滝のように流れて、稽古後の冷水シャワーが極楽でした。このために稽古してるのか?
さて、休み中の旅行記☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。。次回にしよう。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場



今日から。。

 夏休み二泊三日の旅行に行く。
 電波の届かない愛知県十明山で山の音を聞き翌日は妻が見学したいと言うトヨタ工場、修復なった名古屋城本丸御殿を参観して御前崎で二泊目。最終日は富士サファリパークを巡って帰る。はて、どんな旅行になりぬるか。。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場

最近。。

 世界で活躍する大儀見優季、女子サッカー選手の本に出合った。「合わせる」技術という題名の本。背表紙を見たときは合気道の本かと思った。著者を見て一瞬混乱した。
 この本、日本古来の武術的な発想による身体の使い方が日本人には合っている、と記されている。ボールを蹴る意識も筋肉で蹴るのではなく骨を振りぬく感覚で蹴るという骨の感覚。味方のクロスのあり方ストライカーとしての優季選手との関係など読んでいると合気道の仕手受けの関係を彷彿とさせる。
 身体の操作に対して言語で明確化してそれを無意識に落とし込むための練習が必要と書いてある。まさしく合気道の稽古そのもの。普段、合気道で使っている膝のあり方についても、そうかサッカーではこんな風に使えるのか、と妙に納得。どんなに速く強いボールでも止められるようになったという膝を抜く操作。ボールの高さ、角度の調整で使う身体のあり方など例を挙げて記されているのでサッカーをやっている人には大きなヒントになるだろう。私はサッカー用語には疎いので何を言っているのかわからない部分もありましたが総じて面白く読めました。

 ところで、シン・ゴジラ。。 冷却されて都心に聳えるラストシーン、東京のランドマークにするのか気になった。

塩田剛三先生直伝
合気道 小山田道場